緑区版 掲載号:2016年9月22日号 エリアトップへ

横浜市内鉄道駅 ホームドア設置は3割 障害者団体、市へ要望書

社会

掲載号:2016年9月22日号

  • LINE
  • hatena

 東京メトロ銀座線「青山一丁目駅」で8月15日に発生した、視覚障害者の転落死亡事故を受け、横浜市内でも障害者団体などからホームドア設置の声が上がっている。横浜市内にある鉄道駅は138(鉄道会社別)で、ホームドアが設置されているのは44(9月5日現在)。設置率は31・9%にとどまっている。

 「青山一丁目駅」で発生した事故では、盲導犬を連れた男性がホームから転落し、電車にはねられ死亡した。柱が点字ブロックの一部に掛かっていたことが、男性の歩行の妨げとなったとみられている。「また、事故が起こってしまった。ホームドアが設置されていれば防げた」とNPO法人横浜市視覚障害者福祉協会の大橋由昌副会長は話す。

 今回の事故を受け、同協会は横浜市や関係する市議のほか、鉄道各社に要望書を提出。また、市健康福祉局を訪れ、「ホームドアの早期設置」「駅員の視覚障害者への誘導・声掛けの再研修」などの訴えも行った。大橋副会長は「ホームドアの整備は大事なことだが、すぐには進まない。整備以前に危ない時に周りの人が声を掛けてくれる風土づくりが大切。そのような啓発活動にも力を入れていきたい」と思いを話す。

設置に「1駅4億円」

 市内の鉄道路線で全駅にホームドアが設置されているのは、市営地下鉄ブルーライン・グリーンラインのみ。そのほかの路線での設置は現状、相鉄線「横浜駅」(一部)、東急目黒線「日吉駅」・東横線「大倉山駅」・同「菊名駅」(下り)・同「横浜駅」(みなとみらい線と共用)だけとなっている。設置に向け大きなハードルになっているのは費用面だ。「駅にもよるが、ホームドアだけで1駅4億円前後掛かる」と市都市整備局担当者は話す。ホームの補強が必要な場合はさらに工事費が掛かる。また、路線の相互乗り入れなどにより、種類の違う車両に対応する技術面も課題となる。

 そんな中、ホームドア設置に向け、大きく動き出しているのは東急電鉄。2020年までに、「東横線」「田園都市線」のほか、都内を走る「大井町線」の全駅に設置を予定している。そのほかの各社でも、設置や設置に向けた実証実験の取り組みが始まっている。

緑区版のトップニュース最新6

「地域の絆が優先」

区長・連長特別対談

「地域の絆が優先」 社会

Withコロナの現状

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

簡易型録音機を配布

緑区役所

簡易型録音機を配布 社会

詐欺電話防止へ一手

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

コロナ対策で常時換気へ

市営地下鉄グリーンライン

コロナ対策で常時換気へ 経済

来年度までに全車両改修

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク