緑区版 掲載号:2016年11月17日号 エリアトップへ

振り込め詐欺 10月被害、6件1050万円 「緑区狙い撃ちの可能性も」

社会

掲載号:2016年11月17日号

  • LINE
  • hatena

 先月から緑区内で振り込め詐欺の被害が相次いでいる。緑警察署によると10月の月間被害額は1050万円と前月から倍増。11月に入っても不審な電話の通報が数多く寄せられており、緑区が集中的に狙われている可能性があるという。

 10月中に緑区内で発生した振り込め詐欺の被害件数は6件(被害額1050万円)。ひと月で発生した被害としては過去2年で最も多い件数となり、被害額も今年に入り始めて1千万円を超えた。

 手口は今も家族などになりすます「オレオレ詐欺」が主流だが、最近は個人名簿を入手した犯罪グループが個人名を語るケースも発生しているという。また、現金をATMなどで振り込ませるものに加え、直接やり取りをする「手交型」が増え、自宅近くの公園が受取場所になったり、区外の主要駅を指定してくるなど巧妙化が見て取れる。緑警察署では「犯人も警察を警戒しており、直前で指定場所を変更するケースもあった」と話す。

 緑区で被害が増えている点について緑警察署では「犯罪グループは一地区に集中して電話する傾向があり、緑区が狙われた可能性もある」と分析する。不審な電話がかかってきたという通報も9月下旬頃から増え始め、先月ひと月で30件以上寄せられているという。金融機関や警察の指示で被害を未然に防いだ案件もあり、担当課では「怪しいと思ったらまず警察に相談を」と呼びかける。

 同署ではこうした前兆電話の情報や被害状況を希望者にメールで配信している。また、金融機関担当者などとも綿密な打ち合わせを行い、被害集中に歯止めをかけたい考えだ。高橋義男署長は「目指すは根絶。お金の話がでたら親族や警察へ」と話している。

緑区版のトップニュース最新6

女子団体で全国出場

バドミントン

女子団体で全国出場 スポーツ

監督「目指すは入賞」

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

ボランティアと森再生へ

GROUP創造と森の声

ボランティアと森再生へ 社会

伐採木利用し体験企画

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

適切な処置で人命救助

適切な処置で人命救助 社会

緑消防署から3人に感謝状

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook