緑区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

県政レポート【10】 「夕張の今」は「日本の未来」!? 神奈川県議会議員(緑区選出) 古賀てるき

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena

 11月10日、県議会の派遣承認に基づき北海道夕張市へ視察に行って来ました。

財政破綻から10年

 かつては炭鉱の町として栄えてきた夕張市ですが、国のエネルギー政策の転換に伴う炭鉱閉山と人口減少、行政の効率化の遅れや観光施設への過大投資、さらには不適切な財務会計処理により、2006年に約353億円の赤字を抱えて破たん。

 国の管理のもとで財政再建を目指す「財政再生団体」として残り約245億円(2016年11月現在)の借金を返済中です。

夕張の今、高齢化率49%

 東京23区より広い面積に、最盛期には12万人いた住民は今9千人弱。高齢化率49%。小中学校は1校ずつに統合。下水道使用料1・6倍値上げ、図書館は廃止され保健福祉センターの図書コーナーへ移設と、空気のように当たり前と思われた行政サービスがいや応なしに縮小しています。特に市民総合病院は病床を171床から19床に減らし診療所として再出発。市内にCTやMRIは1台もない状態です。

「自分事」としての意識を

 しかし人口減、少子高齢化、財政難はもはや夕張だけの問題ではなく、神奈川も含めた全国の問題です。10年前の事業見直しに関わり現在夕張市財務課長の「『これは無くしても死にはしない』といってドンドン事業が削られていった」との言葉が耳に残りました。どの行政サービスを廃止するか、残すか、充実させるか。それぞれが「自分事」として真剣に考え議論すべき時です。

古賀てるき

緑区寺山町87‐19第2志村ビル2階

TEL:045-482-4382

http://kogateruki.com/

緑区版の意見広告・議会報告最新6

区役所前の「渋滞改善」へ向け

区役所前の「渋滞改善」へ向け

令和4年第1回横浜市会定例会報告【10】

5月5日号

信号アプリによる道路横断体験

県政レポート 49

信号アプリによる道路横断体験

神奈川県議会議員(緑区選出) 古賀てるき

5月5日号

学校の「複合施設化」とは

学校の「複合施設化」とは

令和4年第1回横浜市会定例会報告【9】

4月28日号

ムダを富に変える「循環経済(サーキュラーエコノミー)」

ムダを富に変える「循環経済(サーキュラーエコノミー)」

令和4年第1回横浜市会定例会報告【8】

4月21日号

「ウ支援」可能な限り

「ウ支援」可能な限り

第1回横浜市会定例会報告【7】

4月14日号

進化する中学校給食

公明党横浜市議団市政報告

進化する中学校給食

4月7日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook