緑区版 掲載号:2016年12月8日号 エリアトップへ

感染性胃腸炎 緑区で警報発令 学校で集団感染も

社会

掲載号:2016年12月8日号

  • LINE
  • hatena

 ノロウィルスなどの感染が原因で発症する感染性胃腸炎の患者が増加の兆しを見せている。緑区では全市よりも早く流行が進み、11月25日には患者数が基準値を超えたとして警報が発令された。

 横浜市衛生研究所によると、11月14日から20日までの緑区の患者報告数は1医療機関あたり20・60人。市全体の19・45人に先駆け、警報発令基準値の20人(定点あたり)を上回った。

 市内ではほかに鶴見区、神奈川区、都筑区など8区に警報が発令されており、特に隣接する都筑区では62・50人と突出して流行が進んでいる。全市的にも過去6年間で最も早い患者の増加に、市は警戒を呼び掛けている。

 感染性胃腸炎は、細菌やウィルスなどによる下痢・嘔吐の症状を起こす感染症の総称だが、原因となる病原体の多くが感染力の強いノロウィルスとされる。保育園や小学校、高齢者施設などでの集団感染には特に注意が必要とされ、石鹸によるこまめな手洗いや嘔吐物などの徹底した消毒、食品の十分な加熱などが奨励されている。

 緑区ではすでに7件の集団感染が報告されており、今後流行がさらに進めば集団感染事案も増えるとみられる。

予防法などを発信

 市は感染症臨時情報などをホームページ上で発信し、週ごとの発生状況を周知して注意をよびかけているほか、患者の便や嘔吐の取り扱いに使い捨て手袋やマスク、エプロンを着用し処置後は充分に換気し、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒を徹底することなどを挙げている。

緑区版のトップニュース最新6

団地の未来を考える

竹山住宅管理組合協議会

団地の未来を考える 社会

「実現可能なビジョンを」

9月23日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月23日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月16日号

鴨居の桜5本を伐採

緑区

鴨居の桜5本を伐採 社会

「倒木の危険から守るため」

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

住民提案で静かな夏祭り

東向地団地自治会

住民提案で静かな夏祭り コミュニティ社会

夜の川辺にランプ灯し

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook