緑区版 掲載号:2017年1月19日号 エリアトップへ

全国特別支援学校長会の「みんな de スポーツ推進委員会委員長」を務める 巴(ともえ) 伸一さん 東本郷在勤 60歳

掲載号:2017年1月19日号

  • LINE
  • hatena

”支えあい”大切に

 ○…「最初は不安が大きかったが、今はやりたいことへの思いでいっぱい」と目を輝かせる。3年後に迫った東京五輪を機に、障がい者スポーツの輪を広めようと、委員長として全国を飛び回る日々。スポーツを「やる・みる」だけではなく、ボランティアや指導員など「支える」という視点をどうやったら持ってもらえるか思索を巡らせている。「みんなで手を取り合ってスポーツを楽しんでもらいたい」

 ○…目下取り組んでいく課題はパラスポーツの「実施率の低さ」の改善。気軽に楽しめる競技も多数あるが、サポートする環境が整備されていないため、実際の競技者はかなり少ないという。そうした状況の改善のため、昨年には全国1300以上の特別支援学校にアンケートを実施し、指導員やボランティア不足などの問題点を抽出した。「9割以上が回答してくれた。それぞれが抱える課題に真摯に向き合いたい」

 ○…普段は「県立みどり養護学校」の校長として教育に励んでいる。「この学校は新卒で最初に着任した学校なので、生徒への思いもひとしお。当時とは立場も違うけど、生徒を思う気持ちは変わりません」と目を細める。心がけているのは「元気な挨拶」。学校で過ごす一日を素敵なものにしてもらおうと、毎日登下校時には校門に立って、誰に対しても笑顔で挨拶をしている。教員とのコミュニケ―ションも大切にしており、中途で着任した教師とは「途中会」を開催し、交流を深める。「先日、サプライズで還暦祝いをしてもらった。この素敵な学校で生徒、教員誰もが素晴らしい日々を送ってほしい」と穏やかな笑みを浮かべる。

 ○…「東京五輪はゴールではない」と語気を強める。スポーツを通して障がいへの理解を深めてもらい、終了後も障がい者と健常者が手を取り合っていける社会を目指していく。「共に汗を流すことで、心の深いところで通じ合ってほしい」と笑顔で語った。

緑区社会福祉協議会

〒226-0019 横浜市緑区中山2-1-1 ハーモニーみどり1階

http://www.midori-shakyo.jp/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6

渡邉 晴彦さん

緑警察署の署長に就任した

渡邉 晴彦さん

森の台在住 58歳

9月24日号

新田 巧さん

緑土木事務所長を務める

新田 巧さん

海老名市在住 58歳

9月17日号

望月 菜南子さん

色字共感覚を持つ自身の日常を綴った手記を出版した

望月 菜南子さん

東洋英和女学院大学3年

9月10日号

徳永 忠次さん

まち歩きイベントでガイドを務める

徳永 忠次さん

鴨居在住 75歳

9月3日号

名取 勲さん

起業支援拠点「まちなかbizみどり」でラジオ部の部長を務める

名取 勲さん

東本郷在住 48歳

8月27日号

榊原 英治さん

一般社団法人日本FIDバスケットボール連盟の理事に就任した

榊原 英治さん

都筑区在住 53歳

8月20日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

慈眼寺墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク