緑区版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

酉年記念“鳥人”インタビュー 伝統の味守る卵販売 北八朔町・前田養鶏場

文化

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena
自慢の卵を手にする前田町子さん
自慢の卵を手にする前田町子さん

 区内で唯一の養鶏場「前田養鶏場」(北八朔町1206)は、場内に3000羽以上の国産鶏を飼育し区内だけでなく、県内外にも”緑区伝統の卵”を販売している。

 同養鶏場は約60年前、前代表の前田豊丸氏がそれまで営んでいた畑と兼業する形で開業。最初はノウハウもないので、100羽程度からのスタートだったが、現在は2代目代表の真邦さんと妻の町子さん、息子の裕治さんが家族一丸となって、大きく販路を拡大してきた。

時代に合った鶏を

 前田養鶏場は良質なトウモロコシを餌とすることで、栄養の豊富な卵を産める環境を整えているが、近年は猛暑が続くことが多いため、鶏が十分に餌を食べず卵が小ぶりになることもあったという。そうした状況を受け、前田さんは一羽一羽の体調を丁寧に見極め、しっかり育つように注意を払っている。

 市内5カ所の養鶏場では、定期的に情報を交換することで、ニーズや鶏の飼育方法をシェアしているという。「うちは決して便のいい場所にあるわけではないけど、わざわざ来てくれる人もいる。常に最高の卵を提供したい」と前田さんは話している。

緑区版のローカルニュース最新6

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 経済

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月20日号

子どものSNS使用法は?

子どものSNS使用法は? 社会

現場の声聞く講座

1月20日号

30周年に意気込み

横浜F・マリノス

30周年に意気込み スポーツ

新体制発表

1月20日号

緑区スポーツ人の集い

緑区スポーツ人の集い スポーツ

2月5日開催予定

1月20日号

獅子舞で悪魔払い良年に

獅子舞で悪魔払い良年に 文化

鴨居で200年続く行事

1月20日号

講座参加者を募集

インクルーシブダンス

講座参加者を募集 文化

4月から開講

1月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook