緑区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

緑公会堂で行われる演奏会「音楽の贈りもの」にバイオリン奏者として出演する 松尾 茉莉さん 港北区在住 32歳

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena

音楽と歩み、生きる

 ○…「ソプラノとバイオリンの組み合わせは画期的なんですよ。普通ならソプラノはチェロなど低音と組み合わせる。そこを編曲で上手に魅せる、聴かせる。出演者と主催者の思いが詰まったコンサートなんです」と3月に控えた緑公会堂での演奏会を熱く語る。生後4カ月の乳呑児を育てながらの何百人という観客の前に立つ。「忙しいし大変。でも今、一番音楽が楽しい」と笑ってのける。

 ○…音楽関係の仕事に携わる両親のもと4歳からバイオリンを始めた。初めての出会いは童謡「山の音楽家」の歌詞の冒頭。「わたしゃ音楽家山の子リス」の子リスに思いを馳せたのがすべての始まりとなった。「私も子リスさんのようにバイオリンを弾きたい。本当にそれがきっかけ」と朗らかに笑う。そんな些細な動機ではあったが、すぐに先生を付けてもらい教室の門を叩くと、「やはり私にはこれしかない」と小学校入学を前にバイオリンと歩む人生を決めていたという。

 ○…桐朋学園大学卒業後、ヨーロッパなどで演奏経験を積み、神奈川フィルハーモニー管弦楽団へ。2004年には緑区民音楽祭新人演奏会オーデションで優秀賞を受賞。以来、緑区など近隣での演奏の機会が増えた。子育てと両立しながら演奏活動、バイオリン教室での指導など多忙な日々を過ごす。「元気は娘にもらっている。健気に成長する姿を見ると、私も頑張らなきゃと思う」と充実した表情を浮かべる。

 ○…幾つになっても、どんな環境でも、音楽のある人生の素晴らしさを伝えたいという。自身の教室には働きながら、子育てしながら音楽を楽しむ生徒の存在がある。「皆すごく元気で充実しているのを見ると、これをもっと知らせたい、広めたいと思う」。4月には同じく子育て中の友人と組み「0歳から」コンサートを企画している。「親子で音楽に出会う機会をお届けできたら」。精力的に音楽と向き合う。

緑区版の人物風土記最新6

宮野 勝秋さん

今春の叙勲で瑞宝双光章を受章した

宮野 勝秋さん

長津田在住 78歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

陶山 葉子さん

東本郷地域ケアプラザの所長に就任した

陶山 葉子さん

藤沢市在住 56歳

5月5日号

星野 三喜夫さん

東洋英和女学院大学の第7代学長に就任した

星野 三喜夫さん

青葉区在住 66歳

4月28日号

加藤 幹典さん

元プロ野球選手として各地で野球教室を開き、小中学生に指導する

加藤 幹典さん

緑区出身 川和高校卒 36歳

4月21日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook