緑区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

横浜市と神奈川大学 「十日市場」活性で連携 郊外住宅地再生の一環

社会

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena
ワークショップに参加する学生ら
ワークショップに参加する学生ら

 横浜市は2月9日、神奈川大学と「十日市場駅勢圏域におけるまちづくりの推進に係る協定」を締結した。今後は十日市場を舞台にコミュニティ活動の活性化や住宅地再生について連携し、研究・調査に取り組む。

 横浜市は郊外住宅地の再生や活性化を目指し、市内4つのモデル地区で環境未来都市計画「持続可能な住宅地モデルプロジェクト」を展開している。民間企業などと連携しながら地域の課題解決に取り組み、持続可能な魅力あるまちづくりのモデルを創るという。

 モデル地区の一つに選定されている緑区・十日市場町周辺地域ではこれまで、郊外の住宅地再生などの研究を進める神奈川大学工学部建築学科・山家研究室(山家京子教授)と共同で、学生と地域住民が地元の魅力を再発見し共有し合う「十日市場たからもの探しワークショップ」などを開催してきた。

「学生の視点」に期待

 ワークショップを通じ、住民と学生はそれぞれ「外部から見た街の魅力」「住んでいるからこそ分かる身近な街の魅力」をすり合わせ、双方に新たな発見があったという。市では今後もまちづくりの取組みの中に「若者の視点」を取り込み、住民たちが自らの住む地域の魅力を発信できるような仕組みを作りたいとの思いから、神奈川大学との協定締結が実現した。

市民記者養成も

 協定は来年3月31日までを期間とし、▽地域への愛着を育む取組み▽交流・活動・居場所づくり▽地域の魅力発信--などについて連携する。具体的には、地域の魅力や情報を発信する市民記者の養成や、SNSなどを活用した情報発信の仕組みづくりに取り組みたいとしている。

 山家教授は「郊外都市再生を研究する学生たちにとって、実際の街に出て見聞きできる環境はとてもありがたい機会。未来の都市の在り方を住民の方々と一緒に考えていければ」と話す。また、今回の協定について横浜市は「学生らしい視点にとても期待している。研究者から見たアドバイスも取り入れながら、街の活性化を盛り上げていきたい」と話している。

緑区版のトップニュース最新6

IR説明会を初開催

横浜市

IR説明会を初開催 政治

カジノ不安、色濃く

12月12日号

恩田川堤防に芝桜植栽

中小・上小おやじの会

恩田川堤防に芝桜植栽 社会

「ホッとできるスポットに」

12月12日号

15年ぶり、王座奪還

横浜FM

15年ぶり、王座奪還 スポーツ

J1通算450勝

12月12日号

一斉改選で216人委嘱

一斉改選で216人委嘱 社会

民生委員・児童委員

12月5日号

15年ぶりVへ、王手

横浜FM

15年ぶりVへ、王手 スポーツ

7日、日スタで最終節

12月5日号

地場野菜使って記念給食

緑区内市立小

地場野菜使って記念給食 教育

12月に第3弾も予定

11月28日号

相鉄・JR 直通線30日 開業

相鉄・JR 直通線30日 開業 社会

市西部から都心へ利便性向上

11月28日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひきこもりの若者支援

ひきこもりの若者支援

15日に保護者セミナー

12月15日~12月15日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク