緑区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

緑区DAYに参加する『GROUP創造と森の声』の代表を務める 石山 克幸さん 三保町在住 69歳

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena

森と歩み過程を楽しむ

 ○…森の中で行う美術展や、ワークショップなどを企画する団体『GROUP創造と森の声』の代表を務める。今年から「森ラボ」というこれまでの取組みを融合した新しい企画を始動し、新方針のもと歩み始めた。5月27日と28日に行われる「緑区DAY」にも出展が決まっており、丸太をのこぎりで切る体験会を実施する。森の保全とともに、都市に残された森の魅力を再発見するこの活動は20年を超える。「現地にある材料を使って作り上げていく美術展は珍しいです」

 ○…港北区出身で住む場所を転々としてきたが、不思議と森の近くに住むことが多く、子ども時代からよく遊んできた。同団体との出会いは、庭から見える森の景色に惚れ込み三保町に移り住んだ1996年。発足されたばかりの団体の呼び込みチラシを見て、「あ、すぐそこの森じゃん」と興味を持ったという。高校の美術教師を務める傍ら、美術展に招聘する海外アーティストの宿舎がないという話を聞きつけ、支援に着手。「それで終わりと思ったら、区の人に今年もどうですかと言われ、気がつけばこんなに月日が経っちゃいました」と笑みをこぼす。

 ○…美術大学で出会った妻とは結婚して40年を超えた。現在も夫婦仲がよく、2人で一緒に始めたジャズの楽器演奏も楽しんでいる。自身はサックス、妻はピアノで、発表会では二人で同じステージに立つことも。クラシック音楽をジャズにアレンジした『ストレンジャーインパラダイス』という曲を現在練習中で、「これがすごくいいんですよ」と目を輝かせる。

 ○…国内のアーティストを美術展に招き、ワークショップを同時開催する「森ラボ」の活動は始まったばかり。それでもアーティストが森に来て、そこで初めて作品を作っていく”過程”の面白味は変わらないと強く語る。「できることをやっていく。それは変わりません。これからも続けていきたいですね」

緑区版の人物風土記最新6

柴崎 芽生(めい)さん

横浜創英大学の学園祭「秋桜祭」で実行委員長を務める

柴崎 芽生(めい)さん

横浜創英大学こども教育学部3年

10月10日号

真船 悦子さん

緑区コーラスの会の会長を務める

真船 悦子さん

霧が丘在住 70歳

10月3日号

末棟(すえむね) 小百合(さゆり)さん

黒板アートの指導にあたっている

末棟(すえむね) 小百合(さゆり)さん

白山高校美術科教諭 45歳

9月26日号

澤田 茂友さん

青少年みどり遊楽舎の代表を務める

澤田 茂友さん

三保町在住 70歳

9月19日号

横瀬 堅さん

緑少年補導員連絡会の会長を務める

横瀬 堅さん

霧が丘在住 68歳

9月12日号

栗原 加代美さん

DVの加害者更生プログラムに取り組む

栗原 加代美さん

東本郷在住 73歳

9月5日号

木村 升(のぼる)さん

50周年を迎える緑保護司会会長を務める

木村 升(のぼる)さん

鴨居町在住 72歳

8月29日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク