緑区版 掲載号:2017年6月1日号 エリアトップへ

振り込め詐欺被害が倍増 昨年上回るペース

社会

掲載号:2017年6月1日号

  • LINE
  • hatena

 緑区内の振り込め詐欺被害が件数、被害額とも昨年を上回るペースで発生している。先月には還付金詐欺と見られる不審電話が区内で相次ぎ、緑警察署では管内が一時的に狙われている可能性もあるとみて警戒を強めている。

 緑区内で今年4月末までに発生した振り込め詐欺は10件(被害額約929万円)にのぼり、昨年同時期の5件(被害額約600万円)を上回るペースで推移している。

 最も多いのは息子などの家族を名乗る手口の「オレオレ詐欺」で、次いで区役所の職員などを名乗り「還付金の手続き」と偽って金を振り込ませる「還付金詐欺」などが横行。金融機関のATMから現金を振り込ませるケースに加え、最近ではあらかじめ用意させた現金やキャッシュカードを自宅や指定した場所へ取りに来るケースも発生している。

 特に緑区では新幹線が通る新横浜駅などから比較的に近いため、昨年は他県から新幹線で訪れた犯人グループが緑区内の駅を受取場所に指定し犯行に及ぶ事案も発生した。緑警察署では「最近では金融機関の警戒や対策も強まり、ATMなどを使った犯行には捕まるリスクがあり、振込額にも限度がある。こうした背景から自宅まで受け取りに来る手口が増えたとみられる」と話す。

 最近では、電話であらかじめ預金額や在宅状況をリサーチしてから犯行に及ぶ事案が目立ち、新たな手口として事前に買わせた金塊などを受け取りにくるケースも首都圏を中心に発生しているという。

 そんな中、先月中旬から区内では還付金詐欺と見られる電話が相次いだ。

 同署では「依然多い還付金詐欺に加え、株や債券の名義貸しをめぐる架空請求詐欺の手口は被害額も高額。県内でもこの手口による被害が出ているので、充分に注意し、電話でお金の話出たらまず警察や家族に連絡してほしい」と話している。
 

緑区版のトップニュース最新6

一斉改選で216人委嘱

一斉改選で216人委嘱 社会

民生委員・児童委員

12月5日号

15年ぶりVへ、王手

横浜FM

15年ぶりVへ、王手 スポーツ

7日、日スタで最終節

12月5日号

地場野菜使って記念給食

緑区内市立小

地場野菜使って記念給食 教育

12月に第3弾も予定

11月28日号

相鉄・JR 直通線30日 開業

相鉄・JR 直通線30日 開業 社会

市西部から都心へ利便性向上

11月28日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 経済

推進めざし独自開発

11月21日号

高齢者の“困りごと”解消

山下地区

高齢者の“困りごと”解消 社会

生活支援に新たな一手

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひきこもりの若者支援

ひきこもりの若者支援

15日に保護者セミナー

12月15日~12月15日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク