緑区版 掲載号:2017年6月22日号 エリアトップへ

中山商店街 「ちょい呑み」でスポーツ応援 ユニ着用で盛り上げ

スポーツ

掲載号:2017年6月22日号

  • LINE
  • hatena
企画・運営に携わる商店街の会員ら
企画・運営に携わる商店街の会員ら

 中山商店街協同組合(奥津守理事長)が6月28日・29日の2日間、「ちょい呑みフェスティバルin中山」を開催する。今年は横浜F・マリノスとタイアップし、地元経済活性に加え、スポーツ振興を掲げたイベントにするという。

 「ちょい呑みフェスティバルin中山」は、中山商店街協同組合と緑新栄会が協力して開催し、今年で3年目を迎える。

 両商店街に加盟する飲食店など23店舗が飲み物とおつまみなどを提供。事前にチケットを購入すれば3店舗を選んではしご酒ができる。回を追うごとに地元住民にも浸透し、昨年は約1千人が各店ではしご酒を楽しんだ。

 今年は、中山商店街が兼ねてから力を入れてきた地元スポーツチーム応援の取り組みに着目。横浜F・マリノスとタイアップし、マリノスグッズを身に着けてちょい呑みに参加した人にはプレゼント(非売品)を贈呈する。また、参加店舗や運営スタッフらは当日、全員がマリノスのチームユニフォームを着用するという。

 大氣誠道実行委員長は「ちょい呑みはお店も参加して下さるお客さんもスタッフも全員が元気になれるイベント。この盛り上がりを地元が誇るサッカーチームであるマリノスの応援に変えてければ」と話している。詳細・問い合わせは中山商店街協同組合(【電話】045・931・1657)へ。チケットは前売りのほか、開催日当日にJR中山駅南口階段付近と横浜銀行前で販売する。

緑区版のトップニュース最新6

アートパークで2日間

長津田音祭り

アートパークで2日間 文化

ジャズ企画も実施決定

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

和洋の垣根超えコラボ

マルヤそら

和洋の垣根超えコラボ 経済

ラムレーズンで商品開発

11月7日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月7日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

10月31日号

地域交流の思い広がる

いぶき野太田さん宅

地域交流の思い広がる 社会

コミカフェの利用者増

10月31日号

高まる重要性 活用に本腰

ハザードマップ

高まる重要性 活用に本腰 社会

市、「規模超え溢水ある」

10月24日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク