緑区版 掲載号:2017年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

9月30日に行われる「みどりコスモスフェスタ」の実行委員長を務める 添田 好男さん 「みどり地域活動ホームあおぞら」所長 58歳

差別なくし笑顔を願う

 ○…区内の障害者や高齢者などの居場所づくりに取り組む市の認可施設「みどり地域活動ホームあおぞら」の所長を務める。昨年発生した「やまゆり事件」に衝撃を受け、命の大切さを説く講演会や映画上映会などを企画してきた。9月末に行われる地域交流イベント「みどりコスモスフェスタ」では実行委員長として、地域子育て支援拠点など区内の団体と協力をしながら準備に力を注ぐ。「障害者は普通の人と同じなんだということを伝えていきたい」

 ○…青葉区出身。児童養護施設に通っていた専業主婦の母親から福祉関連の話をよく聞かされて育った。「お前は恵まれてるんだぞ」と言われたことは今でも印象に残っている。大学では社会学科に入学し、サークルでボランティア活動にも熱心に参加。そこで障害児訓練会に参加したことで障害について強く意識するように。卒業後の進路で選んだ公務員では「障害者支援」を強く希望したという。「最初に就いたのは生活保護のケースワーカー。様々な人と出会うことで多くを学びました」。その後、障害者とより密に関わりを持ちたいと民間福祉施設へと転職し、6年が過ぎた。「一人一人の顔がよく見える環境で、みんなの笑顔を見るとやっぱり嬉しい」

 ○…結婚して26年が過ぎ、二人の娘は成人した。趣味である音楽鑑賞では、娘たちと一緒にライブに行くこともあるとか。「一緒に『Xジャパン』や『SEKAI NO OWARI』を見に行ったりしましたね」。家族旅行も欠かさず、白馬や浜名湖などを巡ったという。「白馬のスキージャンプ台に上ったときはひやひやしました。高所恐怖症だったので」とはにかむ。

 ○…障害者や高齢者など地域に住む全員が垣根なく笑顔になれる社会を目指したいと語る。「差別や偏見は、知らない、関わりがないということが一つの原因。色々な企画を通じて交流の場を作っていければ」

緑区版の人物風土記最新6件

井上 美沙紀さん

緑公会堂で行われる演奏会「音楽の贈りもの」の司会を務める

井上 美沙紀さん

1月18日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月11日号

長谷川 伸一さん

鴨居自動車学校の社長を務める

長谷川 伸一さん

1月4日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月1日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

12月21日号

伊藤 みちよさん

メーカーズアワードで第1回ゴールド賞を受賞、ソーイング作家として活躍する

伊藤 みちよさん

12月14日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の午後を名曲とともに

春の午後を名曲とともに

公会堂でコンサート

3月1日~3月1日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク