緑区版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

新治市民の森愛護会 緑区長賞を受賞 校外学習支援など評価

社会

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena
表彰状を手にする大川会長(中央右)と小野崎区長、会のメンバーら
表彰状を手にする大川会長(中央右)と小野崎区長、会のメンバーら

 新治市民の森愛護会(大川浩司会長)が15日、緑区長賞を受け、小野崎信之区長から表彰状を授与された。同団体の長年にわたる保全活動に加え、近隣の小中学校に対する校外学習支援などの取り組みが評価された。

 緑区では区の発展や区政に功労があった個人や団体に対し、緑区長賞を授与している。

 今年は、緑区新治を中心に約76haの自然を有する新治市民の森で長年にわたり保全活動を行ってきた新治市民の森愛護会が唯一の受賞者に決定し、15日、区長から表彰を受けた。

 同団体は雄大な自然を次世代に受け継ごうと2000年から活動を開始。現在も月4回森に入り、下草刈りや散策路のパトロールなどを続けている。また、放火対策として夜間パトロールなども行ってきた。森の担い手づくりにも力を入れ、近隣の小中学校への校外学習支援、自然体験教室などイベントにも注力。今年は環境大臣表彰も受賞し、緑区の名を全国に広めた。

 表彰を受けた大川会長は「76人のメンバーの協力があってこそ。今年は大臣表彰もいただいたので、これに恥じないようメンバーとともにこれからも活動に励んでいきたい」と話している。

緑区版のトップニュース最新6

団地の未来を考える

竹山住宅管理組合協議会

団地の未来を考える 社会

「実現可能なビジョンを」

9月23日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月23日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月16日号

鴨居の桜5本を伐採

緑区

鴨居の桜5本を伐採 社会

「倒木の危険から守るため」

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

住民提案で静かな夏祭り

東向地団地自治会

住民提案で静かな夏祭り 社会

夜の川辺にランプ灯し

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook