緑区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

緑区歯科医師会の会長に就任した 遠見 治さん ながつた歯科医院・院長 63歳

「地域との関わり大切に」

 ○…緑区で開業する歯科医58人を取りまとめる重責を受けた。「これまでの会長がそうだったように、会員同士の親睦を深め、勉強会なども積極的に行っていきたい」と抱負を語る。高齢化が今以上に進む未来を見据え、会員らが訪問診療などを学ぶ機会を作り、情報交換を行っていくことも今後の歯科医師会の大きな役目だと感じているという。

 ○…茅ヶ崎市生まれ。瀬谷区で開業する歯科医の父の背中をみて育った。その影響か、自身も自然と同じ道を志すように。28歳の頃、緑区長津田に「ながつた歯科医院」を開業し、35年が経った。患者と向き合い、治療にあたる時に心掛けているのは「患者さんの気持ちを大切にすること」。一方的に治療するのではなく、説明をし、納得してもらうことに重きを置いている。「予防」にも力を入れ、今ある虫歯のほかに、これから虫歯ができない環境づくりのため、ブラッシング指導にも熱が入る。「患者さんからありがとうの言葉をもらう時が一番やりがいを感じる」

 ○…学生時代からサッカーに興じるなど身体を動かすことが好き。10年前まではシニアサッカーリーグで汗を流していたほどだ。ポジションはDFで、「守りだけでなく攻撃もできるプレースタイルが理想」だという。最近はリフレッシュというと専ら愛犬との散歩が主になった。保護犬をひきとり、大切に可愛がっている。「帰宅すると一番に出迎えてくれる」ととびきりの笑顔を見せる。

 ○…会員増強は特に力を入れたい取り組みのひとつ。「会に所属していれば会員同士勉強もできるし、様々な社会貢献活動を通じ地域との接点もできる。このことは非常に重要。私たちの成長にも繋がる」と熱く語る。自身もこれまで、同じ地域で開業する医師たちと切磋琢磨してきた。来る大介護時代に向け、この「地域との繋がり」と「顔の見える関係」を大切に、地域医療を支えていく。

緑区版の人物風土記最新6件

井上 美沙紀さん

緑公会堂で行われる演奏会「音楽の贈りもの」の司会を務める

井上 美沙紀さん

1月18日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月11日号

長谷川 伸一さん

鴨居自動車学校の社長を務める

長谷川 伸一さん

1月4日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月1日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

12月21日号

伊藤 みちよさん

メーカーズアワードで第1回ゴールド賞を受賞、ソーイング作家として活躍する

伊藤 みちよさん

12月14日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の午後を名曲とともに

春の午後を名曲とともに

公会堂でコンサート

3月1日~3月1日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク