緑区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

JR長津田・十日市場・中山・鴨居駅駅長を務める 望月 章成さん 鎌倉市在住 57歳

安全で親しまれる駅へ

 ○…長津田駅から鴨居駅までの4駅を受け持つ駅長に着任した。「鴨居駅構内でコンサートが行われるなど、どの駅も地域住民に長年、親しまれてきた。安全・安定輸送を提供し、地域から愛される駅づくりを行いたい」と意気込む。来年は、横浜線の開業110周年を迎える。節目の年を盛り上げようと、アイディアを出し合っているという。次の時代を見据え、力強いリーダシップを振るう。

 ○…山梨県出身。5人の男兄弟の末っ子として育った。機械いじりが好きだった父や兄の影響を受けて、工業高校へ進学。「街の放送設備などを直し感謝される父を見て、人の役に立つ仕事をしたいと思った」。当時、友人の多くが国鉄への就職を希望していたこともあり、自身も鉄道マンの道を選び、横浜へ。その後、車掌や事務部門などを歩み、多様な経験を重ねてきた。「憧れだったブルートレインや新幹線の車掌を経験できなかったことが悔しい」と笑った。

 ○…駅長着任前は、社員寮の寮長も務めた。新人の悩みに真摯に向き合う優しい一面も。豊富な経験に裏打ちされた言葉は、悩む後輩達の道を明るく照らした。「たくさんの仕事がある会社。今、与えられた仕事を全力でやり遂げ、将来の道を決めてほしい」と優しく語りかけた。「列車が終点の駅に無事に着いた時、心の底からホッとする」。安全を第一に考える姿勢は、駅長となった今も昔も変わらないという。「当たり前のことを毎日当たり前にやる。それが、お客様と社員の安全を守る」と報告や連絡、相談などを徹底させているという。

○…初めての緑区赴任。「長津田や中山で大きな祭りもあり、活気に溢れる地域」と印象を話した。緑区制50周年記念事業実行委員会でも役割を担う。「地域を盛り上げていきたい」という気持ちが強いという。安全で地域の人から親しまれる駅を目指し、今日も業務に励んでいる。

緑区版の人物風土記最新6件

小宮山 政行さん

鴨居第三地区自治会長を務める

小宮山 政行さん

2月15日号

吉田 昌司さん

今月40周年を迎えるボーイスカウト横浜第95団の団委員長を務める

吉田 昌司さん

2月8日号

宮下 弘章さん

鴨居杉山神社の節分祭で豆まき役を務める

宮下 弘章さん

2月1日号

加藤 成果さん

緑消防団初の女子大生団員となった

加藤 成果さん

1月25日号

井上 美沙紀さん

緑公会堂で行われる演奏会「音楽の贈りもの」の司会を務める

井上 美沙紀さん

1月18日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月11日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク