緑区版 掲載号:2018年1月11日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

横浜健育センター横浜健育高 次年度新入生を募集中 軽度知的・発達障がい者を支援

木造づくりのモダンな新校舎
木造づくりのモダンな新校舎
 小机駅徒歩5分、スタイリッシュな建物が一際目を引く「横浜健育センター」は社会福祉法人同愛会が運営している。同センター内の「横浜健育高等学院」は、軽い知的障がいや発達障がいがある人に向け、高校卒業資格を取るための支援を行っている。現在平成30年度新入生の出願を受付中。

 普通高校進学に不安を抱えていた人や、他の高校に通っていたがなじめずに転入した人も通学している。「得意なこと」を見つけ、時間をかけて学べるのが特徴だ。午前は教科学習、午後には運動や表現訓練を通じて自立した生活を送るためのプログラムを提供している。「生徒たちは皆すぐに打ち解けあっている様子です。学習に不安がある方、一緒に勉強しませんか?」と中田聡センター長は話す。出願は同センターにて2月末まで。

就労移行センター

 養護学校や特別支援学校を卒業した人、就職先を辞めて再就職に困っている人などが通うのが「横浜健育就労移行センター」。就職に向けた職業訓練を行っている。

 プログラムは厨房での調理実習、パソコン入力や清掃などの様々なキャリアトレーニングが中心となる。仕事に就くことのみならず、自立した生活を送ることも目標としている。「通っているうちに自信を取り戻した」など利用者からは嬉しい声が。随時募集しているので、気軽に問合せを。

社会福祉法人同愛会 横浜健育センター

神奈川県横浜市港北区鳥山町968番地

TEL:045-945-9012

http://www.douaikai.com/yokohama-keniku/

緑区版のピックアップ(PR)最新6件

義歯の不調、今年のうちに

”赤ひげ先生”に聞く歯科医療 64

義歯の不調、今年のうちに

12月13日号

「早めの大掃除で水回り確認を」

串田設備の水廻り話 67

「早めの大掃除で水回り確認を」

12月13日号

自宅などの不動産を売却し現金にしかもそのまま住み続けられる

鉄則は”3社以上の相見積もり”

申請締め切り迫る

ブロック塀等改善工事補助金 横浜市

申請締め切り迫る

12月13日号

「美味しい餅は、餅屋で」

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク