緑区版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

森の台出身プロボクサー望月選手 初海外戦でタイトルに挑む 勝てば世界ランク入りも

スポーツ

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena
望月選手(写真は本人提供)
望月選手(写真は本人提供)

 森の台出身のプロボクサー・望月直樹選手(横浜光/日本フライ級5位)が2月7日、タイ・バンコクでIBFフライ級7位のエクタワン選手(タイ)と空位のIBFパンパシフィック・フライ級王座をかけて対戦する。望月選手にとって海外戦・タイトルマッチは初。勝てば世界ランク入りも期待される。

 緑区森の台出身のプロボクサー・望月直樹選手は、2013年にプロデビュー。2016年には日本ランキングとOPBF東洋太平洋ランキング入りを果たした。

 昨年3月には現OPBFフライ級王者の中山佳祐選手(ワタナベ)に敗れ後退したが、今回のタイトルマッチでIBF(国際ボクシング連盟)フライ級7位、WBC14位のエクタワン選手(タイ)に勝利すれば、世界ランク入りも確実とみられる。

「勝って帰ってくる」

 望月選手にとって海外戦は初めてだというが、「環境や採点法など日本でやる試合との様々な違いを想定し、起こり得るハプニングなどにも対応できるよう今まで準備してきた」と意気込む。世界ランカーのエクタワン選手相手に、慣れない海外での試合となるが、望月選手は予測不能な展開にも冷静な姿勢を崩さない。地元ファンに向けては「応援して下さる方々のためにも、しっかり勝って帰ってきたい」とコメントした。

地元後援会も応援

 中山駅南口の店舗や企業を中心に約3年前から望月直樹後援会を結成する星野直氏(株式会社丸進不動産代表取締役)は、大きなチャンスを掴んだ望月選手に対し「緑区が生んだ本当に強いボクサー。これまでの負けだって判定負けのみだ。中々試合が出来ず悩んでいた時期もあったようだが、自信を持って勝利をもぎとって欲しい」とエールを送る。

 同後援会ではこれまでにもバスツアーを組むなどして望月選手の国内での試合を観戦し応援してきたという。星野氏は「海外までは行ってやれないのが悔しいが、ここ緑区から皆で応援している」と話す。

地元後援会長の星野氏(前列左から2番目)=写真提供・西ノ園敦子さん
地元後援会長の星野氏(前列左から2番目)=写真提供・西ノ園敦子さん

緑区版のトップニュース最新6

開所に向け整備進む

山下地域ケアプラザ

開所に向け整備進む 社会

福祉保健活動の新拠点

1月21日号

コロナに負けず美術展

白山高校

コロナに負けず美術展 文化

ユーチューブで配信中

1月21日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

歌集「白杖と花びら」出版

三保町在住苅谷君代さん

歌集「白杖と花びら」出版 社会

「ありのまま詠っていく」

1月14日号

新しい生活様式意識し

新春区長インタビュー

新しい生活様式意識し 社会

区運営方針進捗など語る

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク