緑区版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

森の台出身プロボクサー望月選手 初海外戦でタイトルに挑む 勝てば世界ランク入りも

スポーツ

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena
望月選手(写真は本人提供)
望月選手(写真は本人提供)

 森の台出身のプロボクサー・望月直樹選手(横浜光/日本フライ級5位)が2月7日、タイ・バンコクでIBFフライ級7位のエクタワン選手(タイ)と空位のIBFパンパシフィック・フライ級王座をかけて対戦する。望月選手にとって海外戦・タイトルマッチは初。勝てば世界ランク入りも期待される。

 緑区森の台出身のプロボクサー・望月直樹選手は、2013年にプロデビュー。2016年には日本ランキングとOPBF東洋太平洋ランキング入りを果たした。

 昨年3月には現OPBFフライ級王者の中山佳祐選手(ワタナベ)に敗れ後退したが、今回のタイトルマッチでIBF(国際ボクシング連盟)フライ級7位、WBC14位のエクタワン選手(タイ)に勝利すれば、世界ランク入りも確実とみられる。

「勝って帰ってくる」

 望月選手にとって海外戦は初めてだというが、「環境や採点法など日本でやる試合との様々な違いを想定し、起こり得るハプニングなどにも対応できるよう今まで準備してきた」と意気込む。世界ランカーのエクタワン選手相手に、慣れない海外での試合となるが、望月選手は予測不能な展開にも冷静な姿勢を崩さない。地元ファンに向けては「応援して下さる方々のためにも、しっかり勝って帰ってきたい」とコメントした。

地元後援会も応援

 中山駅南口の店舗や企業を中心に約3年前から望月直樹後援会を結成する星野直氏(株式会社丸進不動産代表取締役)は、大きなチャンスを掴んだ望月選手に対し「緑区が生んだ本当に強いボクサー。これまでの負けだって判定負けのみだ。中々試合が出来ず悩んでいた時期もあったようだが、自信を持って勝利をもぎとって欲しい」とエールを送る。

 同後援会ではこれまでにもバスツアーを組むなどして望月選手の国内での試合を観戦し応援してきたという。星野氏は「海外までは行ってやれないのが悔しいが、ここ緑区から皆で応援している」と話す。

地元後援会長の星野氏(前列左から2番目)=写真提供・西ノ園敦子さん
地元後援会長の星野氏(前列左から2番目)=写真提供・西ノ園敦子さん

みほ幼稚園【緑区三保町】

現在、一緒に勤務頂ける方を募集しています!詳しくは下記から

https://job-gear.net/mihoyouchien/?utm_source=barcode&utm_medium=3

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

道路の不具合報告で協定

緑土木事務所

道路の不具合報告で協定 社会

郵便局ゆうちょ銀行と

10月29日号

事業のオンライン化推進

市内ケアプラ等

事業のオンライン化推進 社会

全館にWi−Fi整備へ

10月29日号

「地域の絆が優先」

区長・連長特別対談

「地域の絆が優先」 社会

Withコロナの現状

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

コロナ対策で常時換気へ

市営地下鉄グリーンライン

コロナ対策で常時換気へ 経済

来年度までに全車両改修

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク