緑区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

水道管凍結 区内でも多発 市窓口に相談350件

社会

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena
凍結により亀裂が発生した給水管
凍結により亀裂が発生した給水管

 関東の広い範囲に「低温注意報」が出された先週、横浜市内では氷点下まで気温が下がったことによる水道管凍結の相談などが1日で350件に上った。緑区内でも凍結による水道管破損が相次いで発生し、区内業者らが対応に追われた。

 横浜市内の気温が氷点下に達した先月24日から翌25日にかけて、横浜市水道局が設置するコールセンターには、午前0時から午後3時までの15時間に約350件の相談が寄せられた。相談の内容は水道管凍結による断水や漏水など。市水道局によると「普段は凍結による相談はほとんどないが、この日は多くの相談が集中した。異例なこと」と話す。

 同局によると水道管は氷点下になると凍結の恐れがあり、水道管に亀裂が発生する場合があるという。

 「低温注意報」が発令された24日から翌25日にかけて市内の気温は氷点下2度前後まで下がったとみられる。25日の早朝になると区内の水道業者などにも問い合わせが集中。ある業者は「朝からなり続ける電話に対応し、週末にかけても休日返上で補修にあたった」といい、部品や補修のための問屋に注文が集中し、一時調達が難しくなることもあったという。

「各家庭でも対策を」

 気象庁の発表によると、2月以降も引き続き気温が低い傾向がみられるといい、注意が必要だ。横浜市では凍結を防ぐ方法として、 厚手の布や発泡スチロール系保温チューブ(市販品)などを水道管に巻きつけ、 その上にビニールなどを巻いて、直接冷気を受けないようにするなどの対策を各家庭に呼びかけている。また、蛇口が凍ってしまった時は、溶けるのを待つか、凍ってしまった部分にタオルなどをかけ、ゆっくりとぬるま湯をかける(※急に熱湯をかけない)などの対策を市HP上で発信している。

緑区版のトップニュース最新6

バリアフリー化進む

十日市場駅周辺地区

バリアフリー化進む 社会

ロータリー間もなく終了

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

長津田第二が準優勝

ミニバス男子

長津田第二が準優勝 スポーツ

県大会で創部初

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

記念誌「10年のあゆみ」完成

霧が丘Xジャイロの会

記念誌「10年のあゆみ」完成 社会

これまでの道のり一冊に

1月30日号

無料「もの忘れ検診」開始

横浜市

無料「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上が対象

1月30日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日常の不安を解消

講習会

日常の不安を解消

るるる*みどり館で20日

2月20日~2月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク