緑区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

鴨居第三地区自治会長を務める 小宮山 政行さん 鴨居在住 78歳

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena

「変化することを恐れない」

 ○…桜まつりや納涼盆踊り大会、節分祭など、鴨居で行われる行事の運営に深く携わる。4月に行われる桜まつりでは、案内状や看板の作成、出店する店舗の配置決めなどを取り仕切る。「自分は裏方の仕事が好き」と優しく笑う。自治会長として、親睦行事のイチゴ狩りなどのまとめ役も率先して担う。「昔は鴨居も若い人が多かった。自治会の活動を盛り上げ、若者にも魅力のある街になるように色んなアイデアを出していきたい」

 ○…長野県生まれ。高校卒業後、父が発電所の職員だった影響で、電力会社に就職し東京へ。主に広報の仕事に深く携わってきた。まだ停電などが頻繁に発生していた時代。その都度、マスコミや関係企業へ状況を正確に報告することも大きな仕事だったという。マスコミや経営者など社内外問わず、たくさんの人と関わることが多く、自然と人と接することが好きになっていった。

 ○…営業所の所長時代には約500人の組織をまとめたことも。組織を預かる者として意識していたのは「変化を恐れないこと」だった。業務の効率化を進め、無駄を省くことで働きやすい職場作りに取り組んだ。効率化や業務改善で生み出した時間を他の事業や社員の私生活充実にあててもらいたいと心血を注ぎ、部下にも「常に考え、変化していくことの大切さ」を伝えてきたという。

 ○…仕事上、人と接することが多かった一方、地域との関わりは多くはなかった。「地域の役に立ちたい」と思っていた矢先、自治会への加入を勧められた。加入後は、当時利用者が増えたにも関わらず利用体系が整っていなかった鴨居会館の運営方法の改善に着手。利用申込書の作成から支払いまで一連の流れをまとめあげ、円滑に利用できる環境を整えた。「裏方として、地域行事のスムーズな運営を支えていければ。改善することで地域の人に喜んでもらえればうれしい」

緑区版の人物風土記最新6

宮野 勝秋さん

今春の叙勲で瑞宝双光章を受章した

宮野 勝秋さん

長津田在住 78歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

陶山 葉子さん

東本郷地域ケアプラザの所長に就任した

陶山 葉子さん

藤沢市在住 56歳

5月5日号

星野 三喜夫さん

東洋英和女学院大学の第7代学長に就任した

星野 三喜夫さん

青葉区在住 66歳

4月28日号

加藤 幹典さん

元プロ野球選手として各地で野球教室を開き、小中学生に指導する

加藤 幹典さん

緑区出身 川和高校卒 36歳

4月21日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook