緑区版 掲載号:2018年3月8日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

横浜市 若者の「ひきこもり」相談窓口知って 専門機関などでサポート

 横浜市内には「ひきこもり」状態にある若者(15歳〜39歳)が、約8千人いると推計(平成24年度調べ)。ひきこもりは「部屋から出られない」「家族となら外出できる」「夜間に近所のコンビニは出かけられる」など人により状態は様々だ。

 横浜市では現在、「青少年相談センター」「地域ユースプラザ」「地域若者サポートステーション」「よこはま型若者自立塾」をはじめとする専門機関などで、若者を支援。ひきこもりの相談支援や居場所の提供、講座、社会体験・就労支援など、回復に向けて一人ひとりの状態にあわせたサポートを行っている。

区役所でも専門相談

 昨年からひきこもり等の困難を抱える若者の「専門相談窓口」を身近な区役所にも設置(月2日各3回)。1回50分の個別対応で、地域ユースプラザの専門相談員が出張相談(予約制)により対応してくれる。

 「ひきこもりは誰にでも起こりうることで、特別なことではありません。一人で悩みを抱え込まず、まずは相談窓口を利用してもらえたら。お気軽にお電話ください」と市の担当者。

 相談は無料。対象は市内在住の概ね15歳〜39歳の若者。本人や家族、地域の人からの相談も受け付けている。秘密厳守。左記まで気軽に問い合わせを。

 相談の予約受付は、緑区こども家庭支援課【電話】045・930・2356。

横浜市こども青少年局青少年育成課

横浜市中区港町1丁目1(横浜市役所)

TEL:045-671-2325

http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/ikusei/jiritsushien/

緑区版のピックアップ(PR)最新6件

8月に複合型介護施設誕生へ

ツクイ横浜霧が丘

8月に複合型介護施設誕生へ

6月7日号

姿勢・歩き方改善でロコモ予防

「自宅でできる介護予防」教えます!

姿勢・歩き方改善でロコモ予防

5月31日号

週2日〜OK、育児と両立も

医療スタッフ・看護師 鴨居

週2日〜OK、育児と両立も

5月31日号

地元主婦が活躍中

パートスタッフ 白山

地元主婦が活躍中

5月31日号

鉄則は”3社以上の相見積もり”

創立20周年の特別料金に

長津田駅そば

創立20周年の特別料金に

5月31日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ワンコインコンサート

ワンコインコンサート

バイオリンなど演奏

6月27日~6月27日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク