緑区版 掲載号:2018年3月8日号
  • googleplus
  • LINE

手作り教材で「先がみえる」発達ケア 「就学前の不安、支えたい」

教育

長さを認識する教材
長さを認識する教材
 発達に不安がある子どもとその保護者のための児童発達支援&放課後等デイサービス「はっぴーフェイス」(長津田町5800─3)では、手作りの教材を活用した発達支援を展開している。

 段ボールや木材など身近なものを活用し、教材を作るのは元養護学校教諭という肩書を持つスタッフ。自身の経験の中から、子どもたちが健やかに育っていく過程でポイントになる動作や言葉などを段階的に学べるよう工夫を凝らしているという。

 数や言葉の認識に加え、体力や身体機能の発達を促す独自プログラムは、「楽しみながらやること」がテーマ。歌や体操、ゲームを楽しみながら、自然と身に付くことを目指しているという。「まずはこの教材に触れてみて、お子さんが興味を示すかどうか、ぜひ体験してみて欲しい」と製作スタッフ。今月8日・9日・12日は教材展示のイベントを開催するという。また、同所では親たちの交流の場としてもこの教室を活用してほしいといい、発達に不安がある場合の必要な支援や情報が交換できる場所づくりを目指す。

 (問)045・459・6498※見学随時受付中

様々な教材が並ぶ
様々な教材が並ぶ
数を認識する教材
数を認識する教材

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みどりスポフェス

みどりスポフェス

スタンプラリーも

6月24日~6月24日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク