緑区版 掲載号:2018年3月8日号
  • googleplus
  • LINE

市美容組合 成人の日新たな記念に 応援企画を開催

社会

当日は組合員らに見守られるなか、撮影が行われた(2月20日、中区にある県美容組合の研修スタジオにて)
当日は組合員らに見守られるなか、撮影が行われた(2月20日、中区にある県美容組合の研修スタジオにて)
 横浜市美容組合連絡協議会主催の「はれのひ」被害者応援プロジェクトが2月20日と27日に行われ、被害にあった7人が参加した。

 当日は同組合の美容師が着付けやメイク、横浜市写真師会が記念撮影を無償で行い、晴れ着の丸昌横浜店が衣装を提供した。参加した港北区在住の女性は「最初は嫌な気持ちだったけど何度も晴れ着を着ることができて、かえって貴重な経験になりました」と笑顔。女性の母親も「今回撮り直してもらい、新ためて成人の日の良い記念になりました」と感謝を述べていた。

 同組合によると今回、本紙などで被害者に参加を呼びかけたところ参加申し込みのほか、美容師から当日の手伝いの申し出や、市民から手作りの髪飾りの提供などがあったという。

 中野利彦会長は「多くの人の善意や協力により実施できた。今後も美容組合の良さを生かした活動を行っていけたら」と話していた。

緑区版のローカルニュース最新6件

五輪前開通へ工事着々

横浜環状北西線

五輪前開通へ工事着々

9月20日号

まちづくりを話し合う

ゴメス、加賀が引退会見

DeNA

ゴメス、加賀が引退会見

9月20日号

カフェで落語鑑賞

個性豊かな演奏披露

高校野球の魅力凝縮

神奈川新聞社発行

高校野球の魅力凝縮

9月20日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク