緑区版 掲載号:2018年3月8日号
  • googleplus
  • LINE

介護職員が「生の声」届ける 区役所でジョブカフェ

社会

訪問入浴介護の現場の話をする田中さん(左)と進行役の井上さん
訪問入浴介護の現場の話をする田中さん(左)と進行役の井上さん
 緑区役所(1階イベントスペース)で3月2日、介護職によるジョブカフェが開催された。

 これは介護の現場の課題として挙げられる人材不足を解決しようと、在宅ケアに携わる職員や施設代表者、緑区医師会などからなる「在宅ケアみどりネットワーク」の主催で開催されたもので、初めての試み。

 同ネットワークに所属するヘルパーや看護師、訪問介護職員などが仕事のやりがいや仕事に対する思いなどを素直に語り、現場の生の声を届ける会として企画された。

 ジョブカフェの会場で自身の訪問入浴介護の仕事について話をした田中利幸さん(アサヒサンクリーン在宅介護センター横浜緑・所長)は「人生の最期を自宅で過ごす方々の入浴をお手伝いしている。痛くてきつそうな状態がお風呂に入れて差し上げることでとても穏やかな表情に変わるのを見ていると、やりがいも感じるし、もっと多くの方々にこの仕事の魅力を伝えたいという気持ちになる」と熱く語った。介護の現場の最前線で働く面々が生の声を発信する機会は少ないといい、参加した介護職員らは「今後もこうした機会が増えれば」と話した。

区内事業所の求人情報を貼った掲示板も
区内事業所の求人情報を貼った掲示板も

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みどりスポフェス

みどりスポフェス

スタンプラリーも

6月24日~6月24日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク