緑区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

ひとり親家庭支援 市が民間団体と協定 当事者目線で取組推進

社会

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena
協定締結式に臨んだ田中博章こども青少年局局長(左)と江成代表
協定締結式に臨んだ田中博章こども青少年局局長(左)と江成代表

 横浜市と一般社団法人日本シングルマザー支援協会(江成道子代表)は先月28日、ひとり親家庭支援の取組について協力する協定を結んだ。シングルマザーの就労支援などを行う同協会はこれまで、緑区内に相談窓口を設置するなどして支援の全市展開を模索していた。

 一般社団法人日本シングルマザー支援協会は、自身もシングルマザーとして働きながら子を育てた経験を持つ江成代表らが作成した独自の支援プログラムで、シングルマザーへの就労支援をはじめ、精神面のフォローなどにも取り組んできた。相談者の心に寄り添う自立支援を行い、これまでに約2800人の会員が登録・支援を受けたほか、主旨に賛同し支援や協力を申し出る企業は全国で200社を超えるという。

 横浜市域への支援拡大を目指す同協会は昨年9月に、同協会として市内初となる相談窓口「ひとり親相談窓口」を緑区内に設置。行政との連携を模索していた。

 横浜市はこの民間の支援実績を、市が進めるひとり親支援に活用し、社会全体でひとり親家庭を支えていく機運を高めようと、先月28日、同団体と「ひとり親の自立支援に関する連携協定(ひとり親応援協定)」を締結。今後は市内の区役所窓口に同協会のチラシを配架するなどして(準備中)取組を紹介する一方、就労支援や再婚相談など、各家庭の事情に寄り添った支援を展開する。

 市こども青少年局では「ひとり親の相談については、『いきなり行政の窓口に行くのはハードルが高い』という声があるのを私どもも認識している。今回の協定締結で民間によるもうひとつの受け皿が増えたことで、より多くの方々に相談の間口が広がることを期待している。より当事者目線での支援に繋げられるのでは」と話している。

 江成代表は「市と協定締結の運びとなり、大変嬉しく思う。『施し支援』から、『自立支援』へ。シングルマザーが抱える課題、経済と孤独を解決できる一歩を、横浜市と共に歩められることを大変心強く思う」と述べ、「この取組を横浜モデルとして全国に広げていければ」と話している。

緑区版のトップニュース最新6

地域の居場所創出へ

活用方法を模索

地域の居場所創出へ 文化

住民主体の取り組み進む

1月16日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月16日号

オール緑が県の頂点

少年野球大会

オール緑が県の頂点 スポーツ

「ONE TEAMで挑んだ」

1月16日号

緑区の魅力を再発見

新春区長インタビュー

緑区の魅力を再発見 社会

各事業で50周年をお祝い

1月9日号

「北西線」3月22日開通

市・首都高共同事業

「北西線」3月22日開通 社会

市内経済活性化など期待

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 社会

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

1,904人が船出

緑区の新成人

1,904人が船出 教育

13日、横アリで式典

1月1日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク