緑区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

東本郷第一・二公園愛護会目さん 「奉仕活動、100歳まで」 清掃やごみ拾い続ける

社会

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena
公園の展望台付近に立つ目さん
公園の展望台付近に立つ目さん

 「100歳まで地域のために」――。東本郷在住の目(さがん)定雄さん(90)は、近所にある2つの公園で清掃やごみ拾いなどに取り組む。地域ボランティアの人手不足や高齢化が叫ばれる中、90歳を超えてなおその活動の先頭に立つ姿を追った。

 毎朝のごみ拾いに、季節ごとの間伐、清掃。目さんの公園愛護活動は多岐にわたる。特に公園に接する竹林の間伐は、急斜面で足場が悪く、一苦労だという。「最近では他のメンバーがかわりにやってくれるようになり、随分助かっている」と話す。

 緑土木事務所によると、目さんのように90歳を超えても公園愛護活動に参加する人は増えつつあり、「多くの会で高齢化が課題となっている」という。

「出来ることを少しずつ」

 東本郷第1・2公園の愛護会会長に就任したのは約20年前。70歳を超えてからのことだった。50代後半に大病を患ったのを機に、「同じような境遇の人たちの役に立ちたい」と難病支援の相談員として、仕事の傍ら、ボランティアを始めた。その後、近隣のコミュニティスクールの会長を頼まれ、地域活動にも勤しむように。「できることを少しずつ続けよう」と夫婦で様々なボランティアに取り組んできた。

 「人のためは、自分のため」が夫婦の合言葉。目さん自身、ボランティアを続けたことで足腰が丈夫になり、沢山の人たちとの繋がりもできた。草木の性質や環境についても学べたし、PCを使いこなせるようになったのも、活動で出会った若者のおかげだという。

 「歳を取ると確かに重労働は大変。だが、私は100歳までボランティアを続けたいと思っているんです」と目さん。愛護会会長の役目は4月から後進に託すが、これからも愛護会の一員として活動を続けるという。「皆が少しずつ出来ることをやって支え合う、そんな地域になっていけば」とも話す。

緑区版のトップニュース最新6

市内経済に深刻な影響

新型コロナ

市内経済に深刻な影響 社会

融資認定832件、31億円超

3月26日号

安全求める住民の声形に

中山2丁目

安全求める住民の声形に 社会

道路上にハンプなど設置

3月26日号

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通

横浜市・首都高共同事業

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通 社会

3月21日号

「殿様の屋敷跡を後世に」

荒川家家臣の会

「殿様の屋敷跡を後世に」 文化

小山町に記念碑完成

3月19日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月19日号

緑区でも影響広まる

新型コロナ

緑区でも影響広まる 社会

小学校では児童受入れ

3月12日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク