緑区版 掲載号:2018年5月10日号
  • LINE
  • hatena

横浜市北部ミニバスケットボール連盟の理事長を務める 青木 一泰さん 青葉区在住 60歳

「挑戦する心」大事に

 ○…「北部は仲間意識が強い――」。青葉、緑、都筑、港北など、横浜北部エリアで構成されるミニバスケットボール連盟の理事長を6年前から務める。5月3日から始まった春季大会では、男子28、女子30チームが競い合うが、勝ち負けだけではない一体感があるという。「負けたチームが上位大会に進んだチームの応援に駆け付けたりね」。他チームと練習試合などで頻繁に交流する姿を思い浮かべ目尻を下げる。

 ○…青葉区出身で、中学・高校とバスケ部に所属。上背がなかった分、スピードを武器にシューターとして活躍した。高校では県大会8位、大学でもチームに所属するなど青春はバスケと共に。「仲間と一緒に汗をかくのが好きだったのかな」。地元ミニバスのコーチとなったのは42歳。前任者の転勤を受けての就任だったが、「練習は嘘をつかない」と子どもたちを励まし続け、数年後に監督に。指導者としてのキャリアを重ね、卒業生がコーチとして戻ってきてくれることも。「成長した姿を見るのは嬉しいね」と笑顔をみせる。

 ○…代々農家を営んでいるが、都市化の流れもあり、土地を活用してコンテナリースの会社を興す。現在は介護分野にも進出するなど経営者としても活躍する一方で、プライベートでは6人の孫がいる優しい祖父。「1人はバスケをやっているけど、指導はあまりせず、おじいちゃんの目で見ていますね」とにっこり。

 ○…大会運営に加え、各チームと保護者、地域の調整を図るのが理事長の仕事。子どもたちがバスケを楽しめるように、そしてスポーツを通じて大切なことを学べるように、汗をかくのが役割だ。「悔いのないように」と大会に臨む子どもたちに語りかけ、「挑戦する心を忘れないで、色々な経験をしてほしいですね」

緑区版の人物風土記最新6件

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月21日号

新名(しんみょう) 三郎さん

地域デビューを応援する講座「人生楽笑・次代塾」を企画運営する

新名(しんみょう) 三郎さん

3月14日号

佐野 純一さん

歴史講座を開催する運営委員会の代表を務める

佐野 純一さん

3月7日号

竹平 晃子さん

NHK横浜放送局でキャスターを務める

竹平 晃子さん

2月28日号

平田 浩一さん

氷彫刻世界大会(団体戦)で最優秀賞に輝いた

平田 浩一さん

2月21日号

清家 健志さん

パソボラ緑の代表を務める

清家 健志さん

2月14日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク