緑区版 掲載号:2018年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

ガチチャーハン! 緑区から3店舗が出品 6月1日から投票開始

経済

 横浜市内にある商店街のチャーハンの頂点を人気投票で決める「ガチチャーハン!」のエントリー店がこのほど発表された。緑区からは3店舗が名乗りをあげた。投票は6月1日から開始される。

 商店街に加盟する店舗が自慢の逸品を出品する「ガチシリーズ」は、市内商店街の活性化を目的に(一社)横浜市商店街総連合会が8年前から実施している。これまでに揚げ物やチョコ、カレー丼メニューなどをテーマに開催されてきた。

 今回は「チャーハン」をテーマに、市内全18区31商店街から40商品がエントリー。

 緑区からは3店舗が名乗りをあげた。

決め手はこだわりの調味料

 昨年11月、中山にオープンした「中山マグマタンメン」は、「この一品を目当てに来店する客も多い」という人気メニュー「チャーハン」(700円税込)で名乗りをあげた。こだわりの調味料と絶妙な火加減に旨さの秘密があると言い、店長の河田勇太さんは「昨年開店したばかりだが今回の企画を通じ、多くの人にお店の味を知ってもらえたら」と話している。

自慢のチャーシューたっぷり

 中山町にある「麺酒場季(すえ)」の「チャーハン」(750円税込)は、わざわざチャーハン用に炊く米で仕上げるこだわり派。自家製のチャーシューをたっぷり入れ、卵も多め。キムチやベーコンなどトッピングも選べるという。店長の遠藤季孝さんは「新規のお客さんにも来てもらいたい。ラーメンと一緒にチャーハンを味わって」と意気込む。

本場の豆板醤で仕上げ

 ガチシリーズへの参加経験がある「聚福楼」は、本場中国の豆板醤を使用した「四川風チャーハン」(800円税込)で勝負する。20年以上修業した 毅料理長が腕を振るう一品は、辛目の仕上がり。店長の王海玲さんは「今回が3回目のエントリーとなる。今年こそ優勝を目指したい。多くの日本の方に四川風のチャーハンを味わってほしい」と話す。

HPなどで情報発信

 同イベントのエントリーブックは5月末頃から配布される。投票は6月1日から7月31日まで、ハガキやWEBなどで受付。集計後、金賞・銀賞・銅賞が発表される。詳細は公式HP(http://www.gachichahan.com/)でも確認できる。

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

医療的ケア児支援に着手

横浜市

医療的ケア児支援に着手

5月17日号

空き家活用し居場所作り

鴨居

空き家活用し居場所作り

5月17日号

緑区でも発見

皮膚病のタヌキ

緑区でも発見

5月10日号

「電気機器」火災が増加

餃子で「地域の輪」繋ぐ

メタボ健診を無料化

横浜市

メタボ健診を無料化

4月26日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

15周年記念しイベント

15周年記念しイベント

IT普及のNPO法人

5月25日~5月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク