緑区版 掲載号:2018年6月14日号
  • LINE
  • はてぶ

「お口の健康」行事で啓発 歯科医師会会員らが催し

社会

歯科相談に応じる歯科医ら
歯科相談に応じる歯科医ら
 緑区歯科医師会(遠見治会長)と緑区福祉保健センター(室谷洋一センター長)が7日、ダイエー鴨居店前で「歯と口の健康週間行事」を開催した。

 この行事は、6月4日から10日までの「歯と口の健康週間」に際し、主催者らが2009年から毎年この時期に行っている取り組み。歯磨き粉や洗口液、歯ブラシなどの口腔ケア用品とチラシを配るほか、一般市民に向けた歯の無料健康相談を行っている。

 当日、ダイエー鴨居店前に特設ブースが設けられると、多くの通行人が足を止めた。この日は約250セットの配布物が配られたという。

 また、緑区歯科医師会の会員である歯科医らの無料相談ブースには、順番待ちをする人の姿が見られた。無料相談に応じた医師らは「最適な歯ブラシの頻度についての質問や、義歯に対する質問が多かったように思う」と話していた。相談をしにきた女性は「奥歯に細かな食べカスが詰まることが気になってきた。若い頃治療してそのままになっていることもあり、これを機に歯科医を受診してみようと思います」と話した。この日は約30人が相談に訪れたという。

 遠見会長は「お口の健康は全身の健康に結びついている。こうした機会に、かかりつけ医の重要性や日頃の定期検診の大切さなどを伝えていけたら」と感想を述べた。室谷センター長は、「健康寿命を延ばすという観点からも、口腔内の健康は重要な役割を占める。市民の皆さんの健康増進のため、これからも様々な啓発に取り組んでいきたい」と話した。

キャンペーンを行った歯科医師会員と緑区福祉保健センターの職員たち
キャンペーンを行った歯科医師会員と緑区福祉保健センターの職員たち

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

中山でハロウィーン

中山でハロウィーン

スタンプラリーで景品も

10月21日~10月21日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク