緑区版 掲載号:2018年6月14日号
  • LINE
  • hatena

笑いでストレス発散 ほのぼの荘で寄席

文化

落語を披露する花伝亭長太楼さん
落語を披露する花伝亭長太楼さん

 老人福祉センター横浜市緑ほのぼの荘でこのほど、「ほのぼの寄席」が開催された。

 同イベントは、地域のシニアに楽しんでもらいたいと、3年前に初めて開催。今回5回目を迎え、地域住民ら約20人が寄席を楽しんだ。

 当日は、アマチュア落語家の鴨志田亭金頓さんと花伝亭長太楼さんが登場。鴨志田亭金頓さんは、医学用語が分からないにも関わらず、知ったかぶりをする古典落語「転失気」を披露。また、花伝亭長太楼さんは、酒好きな親子の話「親子酒」で笑いを誘っていた。花伝亭長太楼さんは「定年後から落語を始めた。多くの人に笑ってもらえて、私自身も嬉しい気持ちになれる」と笑顔だった。

 近くに住み、初めて訪れたという中川浩子さんは「生で聞くのは、テレビやラジオで聞くのとは違い雰囲気がある。近所でこのようなイベントがあるのはうれしい。笑うことでストレスの発散になった」と満足した様子だった。寄席の企画を行った同施設の野村敏彦さんは「初回は人数も少なかったが、次第に地域に浸透してきた。飽きられないよう、寄席に限らずに新しいイベントも企画していきたい」と話した。

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク