緑区版 掲載号:2018年6月28日号 エリアトップへ

フォークダンスで交流 地元企業が夏至祭を企画

文化

掲載号:2018年6月28日号

  • LINE
  • hatena
ポールの周囲で踊る参加者ら
ポールの周囲で踊る参加者ら

 フィールドアスレチック横浜つくし野コースお弁当広場で6月23日、スウェーデンの伝統的な行事である「夏至祭」が開催された。

 夏至祭は、日照時間の少ない北欧で最も大切にされている行事。北欧では、各地の広場に立てられたポールの周辺で人々が踊りを舞う一大行事だという。

 北欧建築を多く手がける株式会社マックライフ(長津田みなみ台)が、地域のコミュニティ形成を目的に毎年企画している。3回目の開催となった今回は、地域住民ら約100人が参加した。

 会場では、「オーレ」の掛け声でポールが立てられると、参加者らは、横浜みどりフォークダンスクラブによる指導のもと、周囲でフォークダンスを楽しそうに踊った。

 また、霧が丘高校軽音楽部によるバンド演奏も行われ、盛り上がりを見せていた。部員らは「野外で演奏する機会はなかなかないので、すごく新鮮だった。たくさんの人に自分たちの演奏を楽しんでもらえて良かった」と満足した様子だった。

 参加した女性は、「若い高校生バンドの演奏では、エネルギーをもらえた。北欧の文化にも触れることができ、新鮮だった」と話した。

 同社の草刈裕丈店長は、「参加者みんなで体を動かし交流できた。フォークダンスは、老若男女問わず、楽しめる。今後も地域のためになる企画を行いたい」と話した。

緑区版のローカルニュース最新6

「笑顔溢れる明るい年に」

「笑顔溢れる明るい年に」 社会

緑区賀詞交換会

1月13日号

劇団四季初のコンサート

劇団四季初のコンサート 文化

2月8日から横浜公演

1月13日号

食品の寄付を受け付け

食品の寄付を受け付け 社会

「コロナ禍で助け合いを」

1月13日号

消費生活出前講座を開催

消費生活出前講座を開催 社会

東本郷地域ケアプラザ

1月13日号

明るい未来願って

成人式

明るい未来願って 文化

3万6千人が節目

1月13日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook