緑区版 掲載号:2018年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

看護師の卵、決意新たに 専門学生80人が参加

教育

 イムス横浜国際看護専門学校(長津田6の20の24)の戴帽式が6月29日、緑公会堂で行われた。

 戴帽式とは、看護学生が一定期間の看護基礎教育を履修し、看護師としての資質があると認められた人が参加できる儀式のこと。また、看護師を目指す学生が看護を天職として志していくという新たな決意を確固たるものにする機会でもある。

 当日は、同専門学校の2年生約80人が参加。学生は、ナースキャップを授かった後、「看護の母」であるナイチンゲールの精神を受け継ぐためにキャンドルに火を灯していた=写真。

 同専門学校の辻翔太さんは「気が引き締まった。貢献できる看護師になれるよう、学びを深めていきたい」と意気込んでいた。また、古仲菜摘さんも「国家試験に向けての勉強や実習にしっかりと取り組みたい」と話した。

緑区版のローカルニュース最新6件

師岡熊野神社

「七五三お着物レンタル先行ご予約会」「七五三レンタル衣裳内覧会」開催

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク