緑区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

白山連合自治会 初の合同防犯パトロール 連携強化で犯罪防止を

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
地域を巡回する住民
地域を巡回する住民

 白山連合自治会(山口章会長)は10日・11日の2日間、9自治会合同の防犯パトトールを実施した。連合組織としては初の試み。自治会同士の横のつながりを強めることで、地域で協力して防犯に対して目を光らせる狙いがある。

 白山連合自治会は、「白山自治会」(約1400世帯)と「白山緑自治会」(約1100世帯)に加え、7つのマンション「ハイラーク横浜白山」「シティ194」「エンゼルハイム」「鴨居ガーデンズ」「ローヤルシティ鴨居六番館」「ローヤルシティ鴨居七番館」「クリオレジダンス」ごとに組織する各自治会(計約1025世帯)からなる地域だ。

モデルとし白山全体に

 これまでは自治会ごとに防犯パトロールを行ってきた。白山緑自治会(長谷川貞栄会長)では約14年前、周辺で空き巣被害が多発した事をきっかけに防犯パトロールを開始した。それから月曜日を除く平日の夕方に各回30人規模で実施。年間160日、延べ4100人が参加しているという。

 白山緑自治会では、継続的な活動のかいもあってか、犯罪が減少。半年ほど前に長谷川会長が「モデルとして白山全体に広げよう」と、山口会長に話を持ちかけたのがきっかけとなった。

 2日間で延べ約100人が参加。いくつかのコースに分かれてパトロールを行いながら、単位自治会の垣根を越えて住民同士が会話をする姿も見られた。

 長谷川会長は「犯罪の抑止になるのはもちろんだが、住民同士の交流、歩くことによる健康増進にもなる。ぜひ、今後も多くの人に参加してほしい」と話す。

 また、「地域住民からのアイデアを今後も実行していきたい。どのようにしたら犯罪が減るのかを1人1人が考え、意見を出し合っていきたい」と山口会長は話した。

緑区版のトップニュース最新6

補助制度の実績「低調」

ブロック塀改善事業

補助制度の実績「低調」 社会

申請期間延長を検討

10月21日号

給食で酒米を提供

区内市立中

給食で酒米を提供 教育

食品ロス削減の取り組み

10月21日号

地域に根ざし25回目

森の中のアートイベント

地域に根ざし25回目 社会

「多くの人に訪れてほしい」

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

人と人とで編みつなぐ

人と人とで編みつなぐ コミュニティ社会

十日市場でヤンボミ開催

10月7日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハンドメイドバザール開催

ハンドメイドバザール開催

24日、霧が丘デポー近辺で

10月24日~10月24日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook