緑区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

白山連合自治会 初の合同防犯パトロール 連携強化で犯罪防止を

社会

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
地域を巡回する住民
地域を巡回する住民

 白山連合自治会(山口章会長)は10日・11日の2日間、9自治会合同の防犯パトトールを実施した。連合組織としては初の試み。自治会同士の横のつながりを強めることで、地域で協力して防犯に対して目を光らせる狙いがある。

 白山連合自治会は、「白山自治会」(約1400世帯)と「白山緑自治会」(約1100世帯)に加え、7つのマンション「ハイラーク横浜白山」「シティ194」「エンゼルハイム」「鴨居ガーデンズ」「ローヤルシティ鴨居六番館」「ローヤルシティ鴨居七番館」「クリオレジダンス」ごとに組織する各自治会(計約1025世帯)からなる地域だ。

モデルとし白山全体に

 これまでは自治会ごとに防犯パトロールを行ってきた。白山緑自治会(長谷川貞栄会長)では約14年前、周辺で空き巣被害が多発した事をきっかけに防犯パトロールを開始した。それから月曜日を除く平日の夕方に各回30人規模で実施。年間160日、延べ4100人が参加しているという。

 白山緑自治会では、継続的な活動のかいもあってか、犯罪が減少。半年ほど前に長谷川会長が「モデルとして白山全体に広げよう」と、山口会長に話を持ちかけたのがきっかけとなった。

 2日間で延べ約100人が参加。いくつかのコースに分かれてパトロールを行いながら、単位自治会の垣根を越えて住民同士が会話をする姿も見られた。

 長谷川会長は「犯罪の抑止になるのはもちろんだが、住民同士の交流、歩くことによる健康増進にもなる。ぜひ、今後も多くの人に参加してほしい」と話す。

 また、「地域住民からのアイデアを今後も実行していきたい。どのようにしたら犯罪が減るのかを1人1人が考え、意見を出し合っていきたい」と山口会長は話した。

緑区版のトップニュース最新6

読売会等と覚書締結

山下地区まちづくり協議会

読売会等と覚書締結 社会

ささバスにラッピング

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

障害福祉事業所を一冊に

緑区役所

障害福祉事業所を一冊に 文化

「活動内容や人を知って」

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

動画作成し実行委員募集

Mini MiniMidori

動画作成し実行委員募集 コミュニティ社会

30日から応募開始

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter