緑区版 掲載号:2018年8月2日号
  • LINE
  • はてぶ

熱中症救急搬送 過去最多を上回るペース 前年同月比で2倍強

社会

 全国的に記録的な猛暑が続く中、横浜市では熱中症による救急搬送が累計899件(7月26日時点・速報値)発生。前年同月比の2倍以上となっており、過去最多の2013年を上回るペースだ。横浜市消防局では厳重な注意を呼び掛けている。

一日50人以上が連続7日

 市消防局は毎年、5月から9月までの熱中症による救急搬送件数をまとめている。2000年の統計開始以来、最も多いのは13年の1072件。「5―7月」で比較すると、今年はすでに13年の486人を大幅に上回る勢いで、過去最多を更新するペースとなっている。特に一日70件の搬送があった7月18日からは、一日50人以上の搬送が連続7日間続いた。

 現状の熱中症発生状況をみると「屋外」468件、「屋内」431件。年代別では「成人」(18歳以上65歳未満)が最も多く386件、次いで「高齢者」(65歳以上)の353件が続く。事例としては、90代女性がエアコン未設置の居室で倒れ搬送、10代男性が屋外でサッカーの練習中、頭痛と吐き気で搬送されているなど。また、22日には、13年以来の熱中症による死亡事故も発生している。市消防局の担当者は「炎天下での活動を避け、こまめな水分補給や適切な温度管理に注意するほか、不要不急の外出は避けるように」と注意を促し、体調が悪くなった時には「救急車を呼ぶか迷うような場合は、#7119に電話で相談をし、手遅れにならないように」と話す。

学校の空調、普通教室は完備

 愛知県で小1男児が熱中症で死亡した事故後、学校のエアコン設置状況の全国的な格差に関心が集まっている。

 横浜市の公立校では11年度から、普通教室へのエアコン設置を開始。13年度までにすべてが完了している。市教育委員会は「使用は原則、7月から9月。設定温度は28度ですが、快適な学習環境づくりを目的に、各校の状況に合わせ運用している」としている。さらに、音楽室などの特別教室への設置も14年度から行われており、現状の設置率は約50%。19年度までに完了する計画だ。

緑区版のトップニュース最新6件

方針定め無電柱化推進へ

横浜市

方針定め無電柱化推進へ

10月18日号

定年後の居場所作り綴る

鴨居在住狩野陽二さん

定年後の居場所作り綴る

10月18日号

介護人材に留学生ら

横浜市

介護人材に留学生ら

10月11日号

住所表示が一部変更

中山

住所表示が一部変更

10月11日号

今年は初の2日間開催

長津田音祭り2018

今年は初の2日間開催

10月4日号

利用者延べ2000人に

山下地区ささえあいバス

利用者延べ2000人に

10月4日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク