緑区版 掲載号:2018年8月2日号
  • LINE
  • はてぶ

(PR)

夏の新そばに舌鼓 ランチメニュー充実

定番の「もり蕎麦」600円(上)広々とした店内
定番の「もり蕎麦」600円(上)広々とした店内
 国道246号線・瀬谷入り口すぐに店舗を構える「十割そば古賀」。同店では現在、収穫したばかりの新そば、栃木県日光産の品種「キタワセ」を使用し「挽きたて・打ちたて・ゆでたて」の”三たて”そばを楽しめる。

 香り豊かなそば粉と、店内でダシから作っているつゆをシンプルに味わえるのが、定番のもり蕎麦(600円)だ。このほか、丼物などがセットになる平日ランチメニューも充実。15時まではそばが無料で大盛りになるサービスも。

 店内は天井が高く広々。落ち着いた雰囲気の中でそばを堪能できそうだ。毎日自らそばを打つ古賀店長は「お一人でもご家族連れでも気軽にお越しください」と呼び掛ける。

十割そば古賀

横浜市瀬谷区目黒町27-7

TEL:045-877-1175

http://10soba-koga.com/

緑区版のピックアップ(PR)最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク