緑区版 掲載号:2018年8月23日号 エリアトップへ

高齢障害者就労の場へ 喫茶店で負担を軽減

文化

掲載号:2018年8月23日号

  • LINE
  • hatena
笑顔で迎える喫茶店スタッフら
笑顔で迎える喫茶店スタッフら

 手作り天然酵母パンブナの森(竹山1の18の4の103)の隣に「ブナの森〜森の喫茶店〜」が新しくオープンした。

 同喫茶店は、障害者に対する多様な事業を展開する社会福祉法人同愛会が運営している。この喫茶店では、障害のある人が店頭に立っている。

 手作り天然酵母パンブナの森では、知的障害のある人を雇用し、パン作りを約25年間行ってきた。現在、約20人が働いている。その中で、雇用者の高齢化が大きな課題となっていた。パンの製造は、ほとんどが立ち仕事であり、体力的な負担が大きい。高齢の障害者も働き続けられるよう、接客などを中心とする負担の少ない仕事が求められていた。そのような要望に応えるため、喫茶店のオープンに踏み切った。

 実際に同喫茶店で働いている山本友子さん(63)は、「今までは、立ち仕事が多く大変だった。接客中心の仕事は、たくさんの人と関われるので、楽しい」と笑顔だった。

 また、店名である「森の喫茶店」を名付けたのも山本さんだという。「森には色んな動物がいる。そんな豊かな森のようにたくさんの人が集まる場になってほしい」と願いを込めた。動物の絵も数多く並び、森のイメージを出しているそうだ。

地域の憩いの場へ

 地域住民目線で見ても、竹山付近は、気軽に立ち寄れる喫茶店などの場所は少なかった。オープン以来、特にシニア層が多く来店。散歩途中の休憩に利用する客が多いという。店内には、キッズスペースもあり、子ども連れも立ち寄れるように工夫されている。ブナの森の加藤真所長は「幅広い世代に足を運んでもらいたい。地域の人にお店のことや障害のある人のことを理解してもらえたら」と話した。

 喫茶店は、平日の午前10時半から午後4時まで開店している。問い合わせは、ブナの森【電話】045・937・3293へ。

緑区版のローカルニュース最新6

疫病退散願い、どんど焼き

東本郷地区連合自治会

疫病退散願い、どんど焼き 文化

鶴見川河川敷で開催

1月21日号

パパが子育て学ぶ

パパが子育て学ぶ 文化

2月13日に中山ケアプラで

1月21日号

「球団10年目を飛躍の年に」

(株)横浜DeNAベイスターズ

「球団10年目を飛躍の年に」 スポーツ

岡村社長 新春インタビュー

1月21日号

玲泉さんの書を展示

玲泉さんの書を展示 文化

1月末まで

1月21日号

3万7千人が節目

成人式

3万7千人が節目 教育

感染対策徹底し開催

1月21日号

世界を魅了する影絵集団

キニナル?アート美術館

世界を魅了する影絵集団 文化

〜都筑区編〜

1月21日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク