緑区版 掲載号:2018年9月13日号
  • googleplus
  • LINE

FCカルパ 奥寺杯でアベックV 少年サッカー大会

スポーツ

2部門優勝を果たしたFCカルパ(提供写真)
2部門優勝を果たしたFCカルパ(提供写真)
 神奈川県内の少年サッカーチームが出場する「奥寺杯少年サッカー大会」の決勝戦がこのほど行われ、区内森の台小学校を拠点に活動する「FCカルパ」が、アベック優勝を果たした。

 同大会(横浜市緑区サッカー連盟主催)は今年で第19回を数える。「4年の部」「6年の部」で予選リーグを行い、決勝トーナメントで優勝を目指す。これまでに2部門でのアベック優勝は、第2回大会で「あざみ野FC」が成し遂げて以来17大会振りの快挙となった。

 岩永豊司代表によると、丁寧にパスをつないで相手のゴールを目指すスタイルが特徴の同チームは、第14、15回大会の4年の部で優勝。しかし、6年の部では優勝経験はなく、アベック優勝を目標に掲げて大会に臨んだという。また、「アベック優勝」と同時に掲げた「全員出場」の目標も達成している。

 4年の部には45チームが出場。30チームで争われた決勝トーナメント初戦は「FCオリオン」。PKで3―2と勝利すると、「横浜東―R」に3―2、「瀬谷FC」に1―0と順当に勝ち進んで行った。準決勝の「富岡SC」戦では1―1からPKで5―4と勝利を収めた。決勝は、2年前の「国際チビッ子サッカー大会」の決勝トーナメントで敗れていた「駒林SC」だったが、1―0で同部門3度目の頂点に立った。

 48チームがエントリーした6年の部は、32チームが決勝トーナメントへ。同チームの初戦は、同じ区内で低学年時から競い合ってきた「FC霧が丘」。PK戦までもつれ込み5―3で勝利した。その後は「南JFC」に4―0、準決勝の「FC鷹」に2―0と決勝へと駒を進めた。「原FC」との決勝戦では前後半ともに互角の戦い。2度目のPK戦で3―0と同部門初優勝となった。

 岩永代表は「県内の強豪チームが出場する大会で優勝できたことは嬉しい。子どもたちの自信にもつながったと思う」と話した。

 FCカルパは2004年にわずか7人の小学6年生で発足。発足当時の7人が案を持寄り、イタリア語で「鯉」を意味する「カルパ」にチーム名が決定したのだという。今後は県サッカー協会が主催する公式戦での優勝が目標だ。

緑区版のトップニュース最新6件

障害者雇用、法定率下回る

横浜市

障害者雇用、法定率下回る

9月20日号

全床 地域包括ケア病棟に

竹山病院

全床 地域包括ケア病棟に

9月20日号

空き家対策に新たな一手

横浜市

空き家対策に新たな一手

9月13日号

全国かけ東関東大会へ

中山中吹奏楽部

全国かけ東関東大会へ

9月6日号

全区への設置完了へ

認知症支援チーム

全区への設置完了へ

9月6日号

官民連携で複合開発進む

十日市場エリア

官民連携で複合開発進む

8月30日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

霧が丘商店街で縁日

霧が丘商店街で縁日

22日 各種屋台が並ぶ

9月22日~9月22日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク