緑区版 掲載号:2018年10月4日号 エリアトップへ

平成生まれの挑戦者たち【1】 「違い」が価値を生み出す 露地野菜農家 林勇基さん28歳

経済

掲載号:2018年10月4日号

  • LINE
  • hatena

 区内で様々な挑戦を行う「平成生まれの若者」を連載で紹介する。

 第1回は、露地野菜農家の林勇基さん(28)=左写真。林さんは、長津田町で、ハートや星の形をしたキュウリ作りに挑戦している。

 代々続く農家の家に生まれた勇基さん。21歳で就農後、トマトやナス、キャベツなどの露地野菜作りを行ってきた。「他と同じではいけない。これからの時代は、野菜にも付加価値をつけなくてはいけない」と、2015年にハートや星の形をしたキュウリを作り始めた。

 だが、他のキュウリに比べて割高であったことで、1年目は全く売れず。それでも勇基さんは諦めなかった。区内の飲食店などを1件1件巡り、無料で手配りし魅力を伝えた。「もらったらうれしいが、余分にお金を出して買うほどではない」と厳しい声を受けたこともあったという。

口コミで話題に

 2年目以降、地道に魅力を伝えたことが功を奏し、口コミで話題となった。「子どものお弁当に入れたい」「孫に可愛いキュウリを見せたい」と、少しずつ売れるようになっていった。可愛らしい形のキュウリをSNSに投稿する人も。現在では、出荷分は、すべて完売するほどの人気ぶりだ。

 「諦めずに地道に続けたことで理解してもらえた。今では、『長津田でハートや星の形のキュウリを作っている勇基さん』と、多くの人に覚えてもらえているのがうれしい」と笑顔で話した。

挑戦を続けたい

 「新しいことに挑戦するのは、勇気がいる。失敗だって怖い。でも、人と『違う』ことが大きな価値に繋がる時代だと思う。若い『平成世代』だからこそ、これからも思いきった挑戦を続けたい」と意気込みを語った。

ハートの形をしたキュウリ
ハートの形をしたキュウリ

緑区版のローカルニュース最新6

おすすめ絵本教えて

いっぽ

おすすめ絵本教えて 文化

「ママパパ」参加型イベント

5月19日号

「避難行動計画の作成を」

横浜市

「避難行動計画の作成を」 社会

「マイ・タイムライン」認知度低く

5月19日号

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演 文化

6月4日 昼・夜2回開催

5月19日号

家庭菜園のススメ

特別コラム

家庭菜園のススメ 社会

野菜ソムリエプロ 市内在住・緒方湊さん

5月19日号

「ロシア軍は撤退を」

「ロシア軍は撤退を」 社会

3年ぶりに平和行進

5月19日号

新日の八王子大会

6月18日

新日の八王子大会 スポーツ

20人招待

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook