緑区版 掲載号:2018年10月4日号
  • LINE
  • hatena

平成生まれの挑戦者たち【1】 「違い」が価値を生み出す 露地野菜農家 林勇基さん28歳

経済

 区内で様々な挑戦を行う「平成生まれの若者」を連載で紹介する。

 第1回は、露地野菜農家の林勇基さん(28)=左写真。林さんは、長津田町で、ハートや星の形をしたキュウリ作りに挑戦している。

 代々続く農家の家に生まれた勇基さん。21歳で就農後、トマトやナス、キャベツなどの露地野菜作りを行ってきた。「他と同じではいけない。これからの時代は、野菜にも付加価値をつけなくてはいけない」と、2015年にハートや星の形をしたキュウリを作り始めた。

 だが、他のキュウリに比べて割高であったことで、1年目は全く売れず。それでも勇基さんは諦めなかった。区内の飲食店などを1件1件巡り、無料で手配りし魅力を伝えた。「もらったらうれしいが、余分にお金を出して買うほどではない」と厳しい声を受けたこともあったという。

口コミで話題に

 2年目以降、地道に魅力を伝えたことが功を奏し、口コミで話題となった。「子どものお弁当に入れたい」「孫に可愛いキュウリを見せたい」と、少しずつ売れるようになっていった。可愛らしい形のキュウリをSNSに投稿する人も。現在では、出荷分は、すべて完売するほどの人気ぶりだ。

 「諦めずに地道に続けたことで理解してもらえた。今では、『長津田でハートや星の形のキュウリを作っている勇基さん』と、多くの人に覚えてもらえているのがうれしい」と笑顔で話した。

挑戦を続けたい

 「新しいことに挑戦するのは、勇気がいる。失敗だって怖い。でも、人と『違う』ことが大きな価値に繋がる時代だと思う。若い『平成世代』だからこそ、これからも思いきった挑戦を続けたい」と意気込みを語った。

ハートの形をしたキュウリ
ハートの形をしたキュウリ

緑区版のローカルニュース最新6件

安田菜津紀さんが講演

サンタ車両が区内走る

緑郵便局

サンタ車両が区内走る

12月13日号

手作りおもちゃを寄贈

霧サポ手芸班

手作りおもちゃを寄贈

12月13日号

寄せ花作りで交流を

狙うは全国アベック入賞

コマーシャル作り学ぶ

中高生向け

コマーシャル作り学ぶ

12月13日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク