緑区版 掲載号:2018年10月4日号
  • LINE
  • はてぶ

中山が幻影横丁に変身 光とアーティストが共演

社会

 省エネルギー技術とアーティストの創造性を融合させたイベント「スマートイルミネーションみどり」が9月28日に中山駅近くの緑新栄会通りで実施され、多くの来場者で賑わった。

 同イベントは2012年度に新治地区でスタート。緑区遺産登録第一号の同商店街に舞台を移し、今年で4回目となる。

 当日は、同商店街がライトアップされ「なかやま幻影横丁」に変身。『祝祭のサーカス団』による「なかやま幻影ウェディング」、「ペピン結構設計」の『さかさまなかやま』など、光とコラボした様々なパフォーマンスが繰り広げられ、来場者を魅了していた。また、会場では同会による「キッチンマボロシ」の屋台が並び賑わっていた。

 親子で会場を訪れていた粟津早愛帆ちゃん(6)は「前にも来たことがある。楽しい」と言いながら光る衣装体験を楽しんでいた=左写真。なお、台風接近の影響で29日の開催は中止となった。

祝祭のサーカス団によるパフォーマンス
祝祭のサーカス団によるパフォーマンス

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

中山でハロウィーン

中山でハロウィーン

スタンプラリーで景品も

10月21日~10月21日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク