緑区版 掲載号:2018年11月1日号
  • LINE
  • はてぶ

公募の絵画展「創展」で文部科学大臣賞を受賞した 岸 弘明さん 鴨居在住 78歳

ずっと、現役創作びと

 ○…全国公募の絵画展「創展」で文部科学大臣賞を受賞した。中区にあるブラフ18番館をモチーフにした油彩画で、タイトルは「初夏のサンルーム」。白い壁とエメラルドグリーンで塗られた窓枠のコントラストが特徴的なグラフ18番館、新緑の緑、木漏れ日の光と影を表現した。12日から中区で始まる「創展 第13回神奈川県支部展」に受賞作品などが飾られる予定だ。「絵の前に立つと、静かな空気感が伝わるような作品に仕上げた。多くの人に見てほしい」と微笑む。

 ○…横浜生まれで、20代半ばで緑区へ。フリーランスの工業デザイナーとして独立したのは、30代の頃。ヘッドホンやウォークマンなど数多くの製品デザインを手がけてきた。大切にしてきたのは、依頼された企業側や、製品の使い手のことをとことん考えること。そんな誠実な姿勢を貫いた結果、グッドデザイン賞に輝いたことも数知れず。「ひとり歩きではいけない。多くの人の協力があったからこそやってこられました」

 ○…自分の時間を大切にしたいと、60代半ばで仕事に区切りをつけた。長年の仕事で創作の楽しさを知っていたこともあり、趣味で始めたのは絵画制作。自分の力を試したいと、初めて出展した2012年の創展では、2点が入選。その後も新人賞や協会賞に選ばれてきた。だが、受賞することよりも、絵を通じ仲間が増えたことに喜びを感じるという。「描くことで頭も使う。刺激も多く認知症予防にも」とにこり。

 ○…描く絵のモチーフは、四季の森公園や鶴見川など区内も多い。「モチーフを探すため、まだまだ、区内を歩きたい」と意気込む。最後に述べたのは、家族への感謝だ。「自由に描けるのは、家族の理解があるからこそ。特に妻には感謝したい」と照れ臭そうに笑った。

緑区版の人物風土記最新6件

小松 四郎さん

神奈川県美化運動推進功労者として県知事表彰を受ける

小松 四郎さん

11月15日号

青木 浩さん

MAP BAND FES の実行委員長を務める

青木 浩さん

11月8日号

河野 航大さん

星槎全国生徒会の会長を務める

河野 航大さん

10月25日号

渡邉 大貴さん

昭和大学横浜キャンパスで行われる「緑風祭」の実行委員長を務める

渡邉 大貴さん

10月18日号

加藤 徹也さん

初開催となる軟式野球大会「岩村明憲杯」(11月開催)を企画した

加藤 徹也さん

10月11日号

大澤 舞子さん

横浜創英大学の学園祭「秋桜祭」で実行委員長を務める

大澤 舞子さん

10月4日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

認知症考える

認知症考える

25日 十日市場

11月25日~11月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク