緑区版 掲載号:2018年11月8日号
  • LINE
  • hatena

平成生まれの挑戦者たち【3】 正月獅子舞の復活に挑む 西八朔囃子保存会 稲田麻里さん 27歳

文化

 区内で様々な挑戦を行う「平成生まれの若者」を連載で紹介する。第3回は、西八朔囃子保存会の稲田麻里さん(27)=左写真=の挑戦を追った。

 お囃子が昔から盛んだった西八朔町。太鼓や笛の音を響かせながら、獅子舞が家々を巡るのが、正月の風物詩だった。だが、就職などで地域を離れる人も多く、保存会のメンバーは、3年前には、4人にまで減少。また、メンバーの高齢化も重なり、なかなか活動できない状態が長く続いていた。

 そのようななかで、「長く続いてきた伝統を後世にしっかりとつなぎたい」と立ち上がったのが、稲田さんだった。小学校5年生の時から保存会のメンバーとして、活動してきた稲田さん。「お囃子を見てくれた地域の人が『楽しかったよ』と声をかけてくれることが嬉しかった。お囃子があったから、地域の人ともたくさん関われた」と振り返った。「『お囃子が盛んだった』と過去形にしたくない。伝統が途切れるのは嫌だ」ときっぱり話した。

イメージを刷新

 2017年の1月から同保存会の代表である小嶋順一さん(70)や同級生らを巻き込み、新メンバーの募集活動をスタート。だが、メンバーは一向に集まらず苦戦が続いた。「堅苦しいイメージがあった。気軽に、誰でも、楽しく参加できるようなイメージに変えなくては」とチラシに可愛いイラストなどを加えるなど工夫を凝らした。夏祭りでも菓子を配り、明るい声で呼びかけた結果、多くのメンバーが加入。そのほとんどが地域の子どもと30代を中心とした若い親世代だ。イメージを大きく刷新したことで、若い世代が多く加わったのだ。

 現在は、約20人のメンバーで毎週練習に励む。ほぼ全員が参加し、辞めた人もいない。「モットーは楽しく。簡単な曲から始め、褒めることで大きな自信にもなる」と練習にも工夫を散りばめる。

 「目標は、1年後に正月獅子舞を復活させること。伝統を守る挑戦です」と強い決意が垣間見えた。

緑区版のローカルニュース最新6件

4万人目の家族を祝う

初の関東大会出場果たす

ミニバス

初の関東大会出場果たす

1月17日号

3万7千人、門出祝う

例年よりやや多めか

スギ花粉

例年よりやや多めか

1月17日号

五輪選手らが指導

対象拡大し2次募集

中学生合唱団

対象拡大し2次募集

1月17日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3B体操で健康づくり

3B体操で健康づくり

長津田地区センター

1月22日~2月26日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク