緑区版 掲載号:2018年11月8日号
  • LINE
  • はてぶ

おかず持寄り新米試食 地産地消交流会

社会

新米とおかずを試食する参加者たち
新米とおかずを試食する参加者たち
 十日市場町の直売所「野彩家」(佐藤農園、生産者・佐藤克徳さん)で1日、地産地消交流会が開催された。

 同交流会は消費者(飲食店)、生産者(農家)、販売者(直売所運営団体)らが交流を深めることを目的に年に数回実施されている。

 佐藤農園は約2・5haの田んぼで米を生産しており、約9tを収穫。米の出来については「例年に比べて今年はやや良です」と佐藤さん。

 交流会には、市内産の農畜産物を積極的にメニューに取り入れ、地産地消の推進に力を入れている区内飲食店の店主らが地場野菜を使った「青唐辛子味噌」「人参の葉の炒め物」などのおかずを持寄り参加。釜で炊かれた新米の「ミルキープリンセス」やけんちん汁が振る舞われ、炊き立ての新米を口にした参加者からは「もちもちとしていて甘い」「美味しくて食べ過ぎちゃうくらい」などの声が飛び交った。

 また、参加者同士で持ち寄ったおかずの調理法や食べ方などの意見交換をする姿も見られ、交流を深めていた。

 佐藤さんは「(持ち寄られたおかずは)オール緑区の食材。やればできるんだなと感じました」と話した。

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

認知症考える

認知症考える

25日 十日市場

11月25日~11月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク