緑区版 掲載号:2018年11月22日号 エリアトップへ

歌俳集「わたしの歩いた道」を出版した 加藤 昌子さん 十日市場町在住 89歳

掲載号:2018年11月22日号

  • LINE
  • hatena

「何事も、続けることよ」

 ○…短歌を詠み始めたのは、女学校時代にまでさかのぼる。10代から今まで続けてきた短歌や俳句を一冊にまとめあげた。タイトルは、「わたしの歩いた道」。ページをめくると、短歌と共にたくさんの思い出が走馬灯のように蘇る。「多くの人に支えられ、今日まで短歌をやってこられました」

 ○…三保町の農家に生まれた。「広い世界を見てほしい」と教育熱心だった父の影響で女学校へと進んだが、戦争が多くを奪っていった。戦死した友も多い。必死に汗まみれになって働き続けた日々。厳しい時代の中で、自然と短歌が心の支え、唯一の楽しみとなった。女学校卒業後、農家を手伝っていたが、教師の道へ。戦争で男性教員が足りていない時代。「新治小学校の副校長先生がうちの畑にまで来て、『頼むから学校を手伝ってくれ』って言うのよ」と懐かしそうに振り返った。

 ○…結婚後に学校を退職、自身は農業をしながら、教師一筋だった夫を支え、4人の子どもを育て上げた。畑仕事は、今も続けている。育てた野菜を近所におすそ分けし、喜ばれているという。また、ボランティアで児童に茶道を教え、60年以上が経つ。子どもからのお礼の手紙は、机の中に納まりきらないほどだ。茶道で関わった児童が成人し、振袖姿で自宅を訪れることも。「だから、成人式の日は、お茶菓子を用意して、家にいるのよ」と微笑んだ。

 ○…このほど夫の教え子の喜寿祝いの同窓会に妻として呼ばれた。そこで、まとめた本を配ると、会場では、亡き夫を懐かしみ、思い出話に花が咲いた。涙ぐむ教え子もいたが、自身が涙を流すことはなかった。「だって、夢にあの時のままの姿で、出てくるのだもの。普通に話しているわ」。そんな懐かしい夫との思い出も本に綴られている。

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6

樋口 誠さん

身の回りの危険を予測し、安全に暮らす方法を伝える講座を行う

樋口 誠さん

寺山町在住 66歳

6月10日号

田澤 慶曉さん

霧が丘バザール実行委員会の代表を務める

田澤 慶曉さん

霧が丘在住 78歳

6月3日号

有賀 勇次さん

学習ボランティアサークル「みどりパチパチ会」の代表を務める

有賀 勇次さん

西八朔町在住 77歳

5月27日号

近(こん) 恵子さん

小型リヤカーを使って、移動しながら中古品の販売を行っている

近(こん) 恵子さん

東本郷在住 70歳

5月20日号

松田 弘さん

横浜市交通局での経験を生かし、「山下地区ささえあいバス」を運転する

松田 弘さん

北八朔町在住 82歳

5月13日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter