緑区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

育児サークル「マザプラス」代表を務める 池田 絢子(あやこ)さん 長津田在住 39歳

楽しむ努力を惜しまない

 ○…「育児“だけ”になると大変。育児以外にも楽しめる場が必要だ」。そう感じたのは、自身の子どもが生後4カ月の時。

近所のママ友に声をかけ、クリスマス会を企画したのが、育児サークル「マザプラス」の始まりだ。それ以来、7年間にわたり、ママ達が気軽に楽しめる場作りを行ってきた。モットーは、自分も、周りもとことん楽しむこと。そんな姿勢が共感を呼び、イベントには700人の来場者が詰めかけたことも。「多くの人に支えられ、続けてこられた」と周りへの感謝を口にした。

 ○…愛知県生まれ。映像を作るクラブで台本を書いていたのは、小学生の頃。中高時代は、文化祭の実行委員も務めた。受け身な姿勢は嫌いで、自分から楽しいと思えるものを作るのが好きだった。「東京で暮らしてみたい」と故郷を離れたのは、26歳の頃。知り合いはいなかったが、持ち前の明るさで友人を増やしていった。1年で80回以上の飲み会を企画していた年も。「お酒は飲めませんが、人が集まる場を作るのがすごく楽しかった」と20代を振り返った。

 ○…結婚を機に長津田へ。2人の子宝にも恵まれ、仕事と育児に奮闘する。忙しい日々ではあるが、今年の春には、経営学を学ぶ大学院への進学を決め、学びも深めている。すぐに小論文を書き上げ、面接試験を突破、大学院生になるという行動力を持つ。「社会人をしながら、大学院に通う知り合いの姿を見て、『面白そう』と直感で思った」

 ○…子育て、学び、仕事、マザプラスの活動と盛りだくさんな日々。すべてに共通するのは、楽しむ姿勢だ。「好きなことに対する努力には、大変さは感じませんね」と凛々しく語った。すでに来年行うマザプラスの大型イベントを期待する声も聞かれる。そんな声が彼女の原動力になっている。

緑区版の人物風土記最新6件

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月21日号

新名(しんみょう) 三郎さん

地域デビューを応援する講座「人生楽笑・次代塾」を企画運営する

新名(しんみょう) 三郎さん

3月14日号

佐野 純一さん

歴史講座を開催する運営委員会の代表を務める

佐野 純一さん

3月7日号

竹平 晃子さん

NHK横浜放送局でキャスターを務める

竹平 晃子さん

2月28日号

平田 浩一さん

氷彫刻世界大会(団体戦)で最優秀賞に輝いた

平田 浩一さん

2月21日号

清家 健志さん

パソボラ緑の代表を務める

清家 健志さん

2月14日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク