緑区版 掲載号:2018年12月13日号
  • LINE
  • hatena

竹山池周辺活性化推進委員会の委員長を務める 町田 史郎さん 竹山在住 73歳

声を形にする挑戦者

 ○…竹山団地設立に合わせて作られた人工池である竹山池。竹山団地中央商店街や竹山小学校などに囲まれた街の中心に位置している。そんな池周辺の環境を整え、活性化させようと奮闘する日々。池の畔で「みんなの池活クラブ」と名付けられたカフェも運営し、ここでは、子どもの工作教室やギターコンサートなども開かれる。「竹山池を緑区の名所に。人が集まる場所になってほしい」と挑戦を続けている。

 ○…緑区へ来たのは、定年を目前にした頃。それまでは、都内で電気工事士として仕事に没頭していた。定年後、時間に余裕ができたことから、竹山2丁目自治会の活動に参加。小学生の見守りを行う登下校パトロールの体制作りが最初の活動だった。「パトロールは今も続いているよ」と誇らしげな表情を見せた。その後もイベントの案内書を配布するなど雑務にも取り組んできた。「“意外”に働いていたかもね。ただ、暇だったからだよ」と照れ臭そうに笑った。

 ○…その後は、竹山連合自治会長も務め上げた。「坂道が多いので、休める場所がほしい」との住民からの声を拾いあげ、ベンチを各所に設置した。「池が汚れてきている」「なかなか人がこない」など池周辺の多くの課題が耳に入ってきた。水を浄化する水草を育てる浮島の設置、植物を植えたプランターを置くなど取組みは多岐にわたる。

 ○…「町田さん、ジュース下さい!」とカフェには元気な子どもの声が響く。準備のために朝の6時半には、カフェを開けるという。「たくさんの孫に囲まれている毎日だよ」とにこり。一休みのために訪れるシニアとは、会話に花を咲かせる。「睡蓮花をカメやカモに食べられてしまってね」と苦労話も尽きない。それでも、竹山池周辺の未来に想いを馳せ続ける。

緑区版の人物風土記最新6件

清家 健志さん

パソボラ緑の代表を務める

清家 健志さん

2月14日号

瀧本 明彦さん

横浜市体育協会 横浜スポーツ表彰を受賞した

瀧本 明彦さん

2月7日号

長島 敏晴さん

(一社)横浜北工業会専務理事で、「港福一夜城」で講演を行う

長島 敏晴さん

1月31日号

苅和野 修さん

総合電機メーカーから転職し、長津田地区センターの館長に就任した

苅和野 修さん

1月24日号

野並 晃さん

第68代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

野並 晃さん

1月17日号

新井 航世(はんせ)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

新井 航世(はんせ)さん

1月10日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

青春を再び謳歌

青春を再び謳歌

やすらぎコンサート

2月20日~2月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク