緑区版 掲載号:2019年1月24日号 エリアトップへ

東本郷地区 連合自治会だよりを創刊 長年の検討実を結ぶ

社会

掲載号:2019年1月24日号

  • LINE
  • hatena
ふるさとだよりを手にする山口会長(中央)、製作・編集を担当する前田会長(左)と指原会長(右)
ふるさとだよりを手にする山口会長(中央)、製作・編集を担当する前田会長(左)と指原会長(右)

 東本郷地区連合自治会(山口武彦会長)が、連合自治会だより「ふるさとだより」を創刊した。13日に行われた同連合自治会の賀詞交換会で来賓らに配布されたほか、2月上旬までには全戸配布を予定している。

 東本郷地区連合自治会は今から38年前の1981年(昭和56)に当時6つの単位自治会が集まり結成された。現在は、「東本郷日鋼」「東本郷ばらの会」「東本郷第三」「東本郷第一団地みどり」「東本郷第一団地むつみ」「東本郷三菱」「東本郷」「スタンレーヒルズ横浜小机」の8自治会が同連合自治会に加盟している(その他4つの未加入自治会あり)。

 山口会長によると、単位自治会では回覧板は回しているが会報の発行は現状ばらつきがあるという。また、単位自治会内のことだけではなく東本郷地区全体でどのような活動が行われているのかなどを地域住民に周知するための会報の発行は15年ほど前から会長会の中で議題にあがっていたが担い手がおらず机上の空論となっていた。しかし昨年のある会長会で、製作・編集の担当者が前田一東本郷日鋼自治会会長と、指原耕治東本郷第一団地みどり自治会会長に決定。賀詞交換会での配布を目指して動き出した。

 会報名になった「ふるさとだより」には、地域に愛着心を持ってもらいたいという願いが込められている。創刊号はA3版の白黒両面刷り。小野崎区長の寄稿のほか、周辺地区の地図、連合加盟自治会の構成世帯数などを紹介。各自治会長からの寄稿が紹介される内容となった。また、高校時代に新聞部だったという前田会長と、指原会長による発案でイノシシや松竹梅のイラストが散りばめられている。

 山口会長は「地域に住んでいる人と人とのつながりを作るきっかけとなることを願っております。今後も連合自治会だよりにどうぞご期待ください」と話した。

 今後は年間3〜4回を発行予定だ。

緑区版のトップニュース最新6

鴨居まち研が20周年

鴨居まち研が20周年 社会

協力企業らと祝賀会

5月23日号

全校で当日注文可能に

ハマ弁

全校で当日注文可能に 教育

今月28日からスタート

5月23日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

5月16日号

多世代交流カフェが完成

多世代交流カフェが完成 社会

関係者らが記念セレモニー

5月16日号

区内でがけ地調査実施

区内でがけ地調査実施 社会

三保・寺山町など

5月1日号

「節目を皆で祝いたい」

緑区制50周年

「節目を皆で祝いたい」 文化

年間通じ、関連事業

5月1日号

区制50周年事業に協賛

横浜緑ロータリークラブ

区制50周年事業に協賛 社会

クラブも節目で50万寄付

4月25日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

相続空き家特例を学ぶ

相続空き家特例を学ぶ

造幣局のあゆみ講座も

6月3日~6月3日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク