緑区版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

横浜いのちの電話 慢性的な相談員不足 費用・時間がハードルに

社会

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena
電話対応する相談員
電話対応する相談員

 病気や対人関係に悩む人らの自殺を防ぐため電話相談を無料で行う社会福祉法人「横浜いのちの電話」(【電話】045・335・4343)。ボランティア相談員が対応にあたるが、慢性的な人員不足に悩まされている。対応人数が限られるため、およそ20回に1回しか電話がつながらない状態だ。

 横浜いのちの電話は「眠らぬダイヤル」として、1日約60件の相談を受ける。相談員は1日24時間を5交代で対応。最低2人以上が常駐するため、1カ月でのべ320人の相談員が必要だ。現在、稼働している相談員は約180人。花立悦治事務局長は「厳しい状態が続いている」と話す。

 1990年代は100人を超える応募がありピーク時には310人が在籍したが、減少傾向に。横浜いのちの電話は毎年12月から2月中旬まで相談員を募集しているが、定員40人は埋まらない。

 一方、相談件数は昨年度2万1372件で、3・5%から5%の着信率(電話がつながる確率)となっている。

 また、他都市では電話だけに頼らず、インターネット相談を行うセンターも。だが「ノウハウがない」「即時性が薄い」などの理由から、横浜の事務所では未導入だ。「直接話すにこしたことはない。間口を広げて電話にどうつなげるかが大切」と花立事務局長は話す。

”やりがい”が支え

 人員不足の一因に、相談員になるためのハードルの高さがある。昨年度は20人の応募があったが、適正審査や研修を経て最終的に相談員になったのは4人だった。

 応募者は1年間の研修のほか合宿への参加が必要で、費用は自己負担。今年度から使用施設の見直しなどで昨年度比約1万5000円減額したものの、依然として5万5千円と合宿費2回分がかかる。「費用を下げれば増えるとは思っていないが、少しでも負担をかけずにできれば」と話す。

 ボランティアの負担は軽くないが、「相談が終わる時に暗い声から明るい声になると、よかったなと心底思う」とやりがいを話す花立事務局長。「1人でも多くの悩みに対応したい」――そんな思いで、応募者を待つ。

緑区版のトップニュース最新6

新時代に踏み出す一歩

新時代に踏み出す一歩 社会

緑区制50周年記念式典

10月10日号

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月10日号

タクシー事業者と連携

緑警察署

タクシー事業者と連携 社会

「特殊詐欺の情報提供を」

10月3日号

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月3日号

小中学生の勉強を支援

東本郷

小中学生の勉強を支援 教育

「よりみち学習広場」

9月26日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

9月26日号

高橋選手タイトル初挑戦

K&Wボクシングジム所属

高橋選手タイトル初挑戦 スポーツ

10月10日 後楽園ホール

9月19日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク