緑区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

緑区予算案 50周年事業に重点 昨年比約1800万円増

社会

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena
重点政策事業
重点政策事業

 緑区はこのほど、2019年度の予算案をまとめた。まちづくりに関する区独自の課題に取り組むための自主企画事業には9787万3千円(36事業)を計上。19年度に迎える緑区制50周年記念事業などを重点政策事業に挙げた。

 区の19年度予算案は、自主企画事業に9787万3千円、統合事務事業費4331万円、区庁舎・区民利用施設管理費5億7004万6千円、SDGs未来都市地域主体型事業、地域のつながりづくり推進事業1000万円と計7億1222万9千円。昨年度と比べ、自主企画事業で106万5千円増、合計では1874万1千円の増加となっている。予算案は現在開かれている市会定例会で審議され、3月中に議決される予定だ。

 自主企画事業には「誰もが住んで良かったと思えるやさしいまちづくり」を目指し、災害に強いまちづくりを進める「安全・安心なまち」、子育てや高齢者支援を行う「いきいき暮らせるまち」、豊かな自然を守り歴史的財産のPRなどを行う「みどりの魅力あふれるまち」の3項目が挙げられた。

 その中で主な重点政策事業としているのは次の4つ。「災害に強いまちづくり事業」では、今年度実施した地域BWA(地域広帯域移動無線アクセス)の整備に伴う情報伝達ツールの購入などの災害発生時の区本部機能強化事業や、地域防災拠点等強化事業などに充てられる予定だ。

 「保育所すこやか子育て支援事業」では、未就学児と保護者を対象に開催する『あつまれ!みどりっこまつり』で従来の各ブースを参加保育園が手作りで作る形式に加え、緑公会堂でのコンサート開催を予定する。

 また、「緑区制50周年記念事業」には1253万2千円を計上。区民と共に節目の年を祝うことを目的とし、参加型アートイベント『わらアート(仮称)』、体験型のまち運営イベント『子どものまちづくりイベント』、『緑区制50周年記念誌事業』などが予定されている。さらに、区制50周年関連の「住み続けたいふるさと緑区事業」を挙げている。ここでは、公園内や道路擁壁への壁画作製をはじめ、区内11連合自治会での記念植樹、区内を横断する山下長津田線の歩道に区制50周年記念ロゴやミドリンをデザインしたマンホールの設置に取り組む。

 区担当者は「50周年という節目の年を、緑区全体で盛り上げていきたい」としている。

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

新十両昇進を市長に報告

大相撲荒篤山関

新十両昇進を市長に報告 スポーツ

市出身22年ぶり、緑区初

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

日スタで魅力をPR

中山商店街

日スタで魅力をPR スポーツ

横浜F・マリノスら応援

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

魅力溢れるまち、次世代へ

緑区

魅力溢れるまち、次世代へ 社会

今年度運営方針を発表

5月27日号

特例貸付 5.8万件に

特例貸付 5.8万件に 社会

コロナ禍 市内の申請増加

5月27日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter