緑区版 掲載号:2019年3月7日号
  • LINE
  • hatena

緑署管内刑法犯 10年連続で減少続く 振り込め詐欺被害は急増

社会

 緑警察署がこのほど公表した2018年の刑法犯認知件数が08年の2225件から10年連続で減少していることが分かった。「地域住民の防犯意識の高まりが一役買っている」と同署担当者は話した。

 刑法犯認知件数とは、主に窃盗や詐欺などで被害届が出され、警察が犯罪と認知した件数のこと。緑署管内では、08年に2225件だったが、昨年は790件となり、3分の1にまで減少した。

 緑警察署では、区内の連合自治会長が集まる場で、毎月1回、「どのような犯罪が多かったか」を伝え、注意を呼びかけている。「防犯パトロールを自治会が定期的に行うなど自主防犯の意識が他区に比べて高いように感じる。防犯意識の高まりが地域住民一人ひとりにまで浸透してきていることが数を減らしている要因ではないか」と同署の担当者は分析している。

 だが、今年に入り振り込め詐欺被害が急増しており、同署は注意を呼びかけている。

 同署では、呼出音が鳴る前に「通話内容を録音します」と犯人が嫌う警告メッセージが流れ、使用している固定電話に取り付け可能な「迷惑電話防止機能付機器」の1年間無償貸し出しを今年からスタートさせた。区内在住で60歳以上の人が対象。警察官が取り付けも行ってくれる。

 問い合わせは、同署生活安全課【電話】045・932・0110へ。

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進

4月25日号

区制50周年事業に協賛

横浜緑ロータリークラブ

区制50周年事業に協賛

4月25日号

地域連携行事として開催

霧が丘高校

地域連携行事として開催

4月18日号

「心臓リハビリ」普及に着手

「発展に向け、躍動する年に」

自民が市・県ともにトップ

統一地方選緑区

自民が市・県ともにトップ

4月11日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大さん橋で改元イベント

大さん橋で改元イベント

「令和」の人文字 参加者募集

5月1日~5月1日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク