緑区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

横浜市 家賃補助住宅伸び悩む 登録拡大に向け要件緩和

社会

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena

 昨年9月に横浜市がスタートさせた家賃補助付きセーフティネット住宅事業。2月末現在で130戸の募集に対し10戸と、登録件数は伸び悩んでいる。市はこうした状況を打開しようと、補助要件の緩和などを盛り込み2019年度の募集を開始した。

 セーフティネット住宅制度とは、一昨年改正されたセーフティネット制度に基づいて全国の政令市などに物件を登録し、低額所得者や高齢者、障害者などの住宅確保困難者を対象に空き室などを活用するもの。

 市内では空き家・空き室が増加傾向にあり、今後も増え続けることが予想されていることから、市は同制度を活用した事業を拡大したい考えだ。登録戸数を増やしたい市は昨年9月、耐震基準など一定条件を満たす物件(オーナー)に対して家賃などを補助する「家賃補助付きセーフティネット住宅」130戸を公募した。だが、2月末時点で登録は10戸に留まっているのが現状。市は「関心のある不動産会社やオーナー宅への戸別訪問で地道に制度の説明を行っている」と話すが、登録件数の伸びにはつながっていない。また、これまでは物件ごとに市営住宅家賃相当額を算出し、そこに4万円を加えたものを家賃上限額に設定していたが、「都心部や面積が広い住戸は、設定されている家賃上限額が相場とあっていない」「手続きが面倒」などの声が寄せられたという。

「手続き面倒」にも対応

 こうした声に対応するため市は19年度募集物件の家賃上限額を見直した。これにより都心部で41平方メートルの物件はこれまでの上限6万8000円から8万1200円に引き上げられることになる。

 さらに、登録時に必要な書類が多く手続きに1〜2カ月かかっていたことを踏まえ、「各階平面図」「固定資産税の評価証明」「家賃補助額計算シート」などの提出書類を一部省略することで事務負担軽減を図った。1日に行われた住宅オーナーや不動産会社向けの説明会には約50人が参加するなど、一定の関心はある。

 市建築局の担当者は、「入居希望者からの問い合わせが増えている。これに対応できるよう、登録物件を増やして選択の幅を広げたい」とした。

緑区版のトップニュース最新6

公民連携で整備検討

四季の森公園

公民連携で整備検討 社会

収益施設の市場性など調査へ

8月15日号

学べず、眠れず、食べられず

十日市場町在住加藤さん

学べず、眠れず、食べられず 社会

戦争体験者インタビュー

8月15日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月8日号

日照不足に負けずに成長

区内浜なし

日照不足に負けずに成長 経済

8月上旬から販売を開始

8月8日号

食品ロス、アプリで削減へ

横浜市

食品ロス、アプリで削減へ 社会

民間企業と連携

8月1日号

郵便ハガキで詐欺防ぐ

地元企業13社

郵便ハガキで詐欺防ぐ 社会

1万4000枚を配達

8月1日号

女子円盤投げで全国へ

霧が丘高校陸上部

女子円盤投げで全国へ スポーツ

柿沼さん、城戸さんの2人

7月25日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク