緑区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

意見広告 ふるさとの未来を見据えて  伊藤たかし

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena

 私は、「政治は未来へのメッセージ」であると思います。私が皆さんと考えたい「これからの緑区と横浜市のこと」は、今住んでいるこの街が、これからの20年間で、大きく様変わりをしていくからです。横浜市の人口は今年をピークに減少に転じます。これからの20年間で約10万人以上減る一方、65歳以上の高齢者は100万人を超えると見込まれています。

現役世代が選ぶ街へ

 20年という月日は、遠い未来のようにも思えますが、横浜市が初めて体験する人口減少・超高齢社会は目前です。加えて、ITなどテクノロジーの飛躍的な進歩によって、私たちを取り巻く環境は劇的に変化します。未来への投資こそ、最も大切な「政治の仕事」だと思います。

 横浜市によると、人口減少に伴って社会保障経費が約700億円増えるものの、市税収入は300億円弱の伸びにとどまり、さらなる行政コストの見直しや財源確保の必要性が指摘されています。

 こうした変化に対応し、高齢者が安心して暮らせる社会を整えていくためにも、これまで以上に横浜が「現役世代に選ばれる都市」に成長しなければなりません。

対話の場を創出

 緑区は今年、区制50周年を迎えます。緑区が横浜市の目指す郊外部の活性化モデルになるためにも、多様な住民の提案が行政に反映される仕組みづくりと、新しい時代に即した新しい「対話の場」の創出が必要です。

 小・中・高の教育充実、出産・育児が安心してできる仕組みが求められます。これからはそんなまちづくりに注力できることが、選ばれる自治体になると考えています。

 人口が減っていく新しい時代に突入するからこそ、目の前の課題を未来の視点を持って解決する。これから社会を担っていく子ども達の未来を見据えて私たちの暮らしを考える。そうした視点を持つことが、政治には求められるのだと信じております。

伊藤たかし

横浜市緑区十日市場町872-1-305

TEL:080-7110-8706

itotakashi2019@gmail.com

緑区版の意見広告・議会報告最新6

高齢者のインフルエンザ予防接種無償化へ

県政レポート 38

高齢者のインフルエンザ予防接種無償化へ

神奈川県議会議員(緑区選出) 古賀てるき

10月15日号

AI×データの活用と推進

AI×データの活用と推進

自民党 横浜市会議員 かもしだ啓介(35) 市政報告【9】

10月1日号

予算委員会が開催されました

県政レポート 37

予算委員会が開催されました

神奈川県議会議員(緑区選出) 古賀てるき

7月16日号

「生活や経営不安・危機の相談を伺います」

市政報告 斉藤たつやが語る、未来の緑区!!

「生活や経営不安・危機の相談を伺います」

5月21日号

コロナウイルス感染症拡大防止協力金【2】

コロナウイルス感染症拡大防止協力金【2】

神奈川県議会議員(緑区選出) 古賀てるき

4月30日号

コロナウイルス感染拡大防止協力金について

県政レポート 35

コロナウイルス感染拡大防止協力金について

神奈川県議会議員(緑区選出) 古賀てるき

4月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク